親を亡くした姪が施設でイジメを受けていた➡︎25歳ニートのワイが引き取り一緒に暮らしていたらまさかの展開に…。

ちなみに、俺37歳未婚。
姪っ子23歳。

メイは兄夫婦の子供。
兄とはだいぶ年が離れていて、11歳差。
義姉も兄と同じ年。

 

俺が14歳の時に、当時25歳の兄夫婦にメイが生まれた。

当時、赤ん坊なんかうるさいだけだと思ってた
バカな中学生だったが、
メイだけはとんでもなく可愛く思えたのが不思議だった。

父は頑固で無口、
怒る時には手も同時な人だったが、

初孫となるメイには、
家族の誰も見たことがないような、
デレデレ顔になって気持ち悪かったな。

そんな父が自転車に子供用のイスをつけて、
散歩に行けるようになるのをすごく楽しみにしていた。

 

しかし大問題が。

 

メイが、父と俺にだけはなかなか懐いてくれなかった。

3歳ぐらいまでは、
父と俺の声が聞こえるだけでおびえて固まる。

不意に視界に入ると泣き出す。

抱っこしようとすると号泣。

そして、義姉か母に助けを求める有様。

 

そんな時の父の寂しそうな顔は忘れられないが、
母曰く、俺も父と同じような表情だったらしい。

結局、父とメイの自転車散歩は実行されることはなかった。

 

それから義姉の話だと、
父と俺以外には老若男女関係なく人懐っこい子供だった。

それを聞いて落ち込んだ。

 

ともあれようやく懐いてくれて、
こっちもアホほど可愛がって遊んでた。

 

で、メイが5歳の時、
母と義姉の母が相次いで病没した。

それなりに愁嘆場だったが、
メイにはまだよく解ってなかったのかな。

その2年後、今度は父が病没。

義姉の父はずいぶん以前に亡くなっていたので、メイは7歳にして祖父母を失った・・・

その年の俺は、何とか就職が決まって実家を離れていた

兄家族も実家から離れていたため相談の結果、実家(田舎で小さいながら一軒家だった)は売りに出し、半年後には更地になっていた。

 

実家が壊される時、
兄家族と一緒に見に行ったのだが、

「おじいちゃんのオウチ、無くなるね」

ってメイが言って泣き出したのにつられて、俺もちょっと泣いた。

 

そして、メイが11歳の時、悪夢が訪れる・・・

兄家族の乗る車がトラックと衝突し、兄は即死。

義姉は3日間意識不明のあと亡くなった。

 

メイは奇跡的に打撲だけで済んだ。

メイの親族は俺だけになった。

 

当時、25歳の俺は事故の半年前に、勤務先が倒産したため無職。

多くはないが、相続した遺産と、貯めていた小金で日本一周なんぞをしていた。

 

兄夫婦の死に絡み、
いろいろなゴタゴタがあったが、
一番の問題はメイのことだった。

無職の若造が引き取って育てる。

そんなことはできるはずもなく、
結局児童養護施設に預けられることになった。

 

その後、父の知人から誘っていただき、
零細運送会社の運転手の仕事を始めた。

幸い、メイのいる施設とはそんなに遠くなかったので、
できるだけ毎週会いに行くようにしていた。

施設に入ってからのメイは、
やはり事故の精神的影響が大きく、非常にふさぎがちだったらしい。

それなのに、俺が会いに行くとすごい嬉しそうにしていた。

だから少しでも励みになれたらと思って、
こまめに会いに行くようにしていた。

もうすぐメイが小学校卒業という時期に、施設から連絡があった。

メイが虐めの対象になっているとのこと。

その原因が俺にあるということだ・・・

 

メイは俺と会った後はすごく元気になるらしい。

しかし、そのことが施設にいる他の子供、特にリーダー格の年上の女の子から疎まれるようになったというのだ。

 

基本、この施設にいる子どもたちは、
保護者がいなかったり、虐待を受けたりで、
親や親族と会うことのない子供たちだ。

そんな中、メイにはいつも親族(俺)が会いに来て楽しそうにしている。

「なんでお前だけが!」

となり、虐めの対象となった。

 

施設職員と今後の話し合いをしたのだが、
その時に言われたのが、

「メイと会う回数を極端に減らしてくれ」

とのこと。

 

「他の子たちと差が出ないようにしたい」

とのことだったが、
俺にとっては、残されたただ1人の大事な身内だ。
とても了承しがたい。

しかしその方がメイのためになるなら、としぶしぶながら納得。
そのことをメイにも伝えたんだ。

そうしたらメイが突然泣き始めた。
嗚咽しながらこんなようなことを言ったんだ。

「マサトおじさんは私のことキライになったの?

お父さんもお母さんも誰もいなくなったのに、
マサトおじさんまでいなくなったら、
1人ぼっちになっちゃう。

そんなの嫌だ。

それとココにいるのもホントは嫌で嫌でたまらない。」

 

会う時はいつもニコニコしていて、
わがままも言わずにいたメイだったが、
やっぱり相当無理をしていた。

当然のことだが。

11歳で突然に親を失ったメイが、
たった1年で立ち直れるものか。

ぐしゃぐしゃに泣きながら、
でもどこかで遠慮してるのか、
いつもならまとわりついて来るのに、

この時は俺から少し離れたイスから、
決して近づいてこようとしなかった。

そんなメイを見て、たまらず俺も泣いた。

そして最近、空想程度に考えていたことを提案した・・・

続きは次のページでご覧ください!!