ホームレスにギターを教えてもらったら人生が180度変化した

2: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:03:04.88 ID:y+NcPp2n.net 
この時俺は中二で…痛いやつ真っ盛りだった。 
ただモテたいがためにってのと…姉貴がいて姉貴がベースをしてたから俺はギターを始めた 
ギター自体は姉貴のやつを使ってた。もちろん全く弾けない。全然弾けない

 

3: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:08:00.65 ID:y+NcPp2n.net 
姉貴にも死ぬほど笑われたw 

姉「ビートルズすら弾けないの?w」って感じで…悔しくて堪んなかった 

姉貴はジャズばっか聞いてて正直メチャクチャ上手かった。 

二人の共通項は洋楽好きってこと。ジャンルは全く違った。俺はこの時にわかで全然知らなかったけれど

 

5: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:12:41.52 ID:y+NcPp2n.net 
どんだけやってもコードチェンジが上手くいかない。ビートルズとかニルヴァーナとかメチャメチャギター簡単な曲すら弾けなかった。 

それで結構すぐやめちったwww 

ギターはインテリアと化してた。俺は音楽だけ弾いてギターは弾かないって日々が続いた。 

因みに母は死んでていなかったけど親父はよくしてくれた。有名なゲーム会社に勤めててお金もあった。だからCDなんかは全部買ってもらってた

 

6: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:19:12.82 ID:y+NcPp2n.net 
そんでぐだぐだ過ごしてたら学校行事があった。その時だった。 

うちのクラスのDQNがギターで弾き語りするっていう出し物をする事になったんだ。その時内心しまった!って思ったけど… 

そいつ地味に上手かったんだよね。邦楽をしてた(確かtubeとか)んだけど歌も上手いしギターも弾ける。最悪だった。 

俺のクラスはそいつを全面バックアップするってことに決まった。部活のやつは部活の出し物とかあったんだがいかんせん帰宅部だった… 

俺はそいつのギター持ちになった

 

7: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:25:57.45 ID:y+NcPp2n.net 
DQN「ぜってー落とすなよ?落としたら殺すかんな?」 

俺「分かってるよ…落とさんっちゃ」 

ずっとこんな感じだった。こんだけ言っても俺より安物のギターだったんだけどなw 

ギター持ちの仕事はかなり楽だった。でもものすごく悔しかった。学校行事でそいつは拍手喝采だった。先生からも受けがよかった 

これでもう1回始めることにしたんだw

 

10: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:30:23.10 ID:y+NcPp2n.net 
インテリアと化してたギターを手にとって必死に練習…するはず無かった。それだけ意志が弱かったんだな、全然ダメ。 

姉貴からはとうに見捨てられてた。俺はもうビーオタするだけの浮いた中学生になってた。 

中二の終わり、俺は電車通学でいつものように電車に乗ろうとしてたんだが…いつもと違うんだな。 

ストリートのミュージシャンがいた。俺はこんな田舎でなんになるんだ?金になるの?とか考えてた。よく見るとスーツはきてんだけど全体的にボロい。ハットも被ってるけどヨレヨレ。 

こいつ…完全にホームレスじゃあねえか。 

その時すぐ無視した。

 

11: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:34:21.20 ID:y+NcPp2n.net 
学校が終わってその日は珍しく友達と遊ぶことになった。俺ほとんど友達とかいなかったしなw 

結構テンション高めで帰ったの。その時気付いて無かったけど、1回家に帰ってもっかい駅に行くとまだストリートのやつはいた。 

こいつ何時間いるんだよ!?朝の8時に見て今夕方だぞ?って思ったのを覚えてる。 

そのホームレスは意外とお爺ちゃんでそれもあってかギターケースには結構小銭が入ってた。 

年を売り物にしやがって…それが最初の感情だった。ギター売れよwとかも思った

 

12: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:38:03.37 ID:y+NcPp2n.net 
チラッと見たとき目があった。うわっ最悪… 

ジジイはにやっと笑ってイマジンを歌い出した。その時の俺がジョンレノンのシャツを着てたからだった。 
https://www.youtube.com/watch?v=dq1z1rkjw-E

俺「あれ?意外と上手くね?」 

ジジイは声高々にイマジンを歌う。ギターは簡単なのは知ってたけど弾けなかったから羨ましかった。 

気付いたらジジイの前に立ってた。ジジイはイマジンを歌い終わるとちょっとこっちを見て 

「金」 

とだけいった。
13: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:39:15.95 ID:k0OHj0bt.net
ワロタ

 

14: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:39:37.00 ID:ZKv06bHc.net
じじいwww

 

15: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:41:29.38 ID:y+NcPp2n.net 
俺「金?あーっと…」 

ここで渡すのはなんだかしゃくだった。友達との約束ごとも忘れてジジイにいった。 

俺「ビートルズ弾ける?」 

ジジイ「あんなに簡単なの弾けねえやつおらんが」 

カチンと来た。ビートルズを貶された気持ちにもなったし尚且つ俺の嫉妬が吹き出した。 

俺「へー。ブラックバード弾けたら金やるよ」 
https://www.youtube.com/watch?v=Mo_DMGc2v5o

ジジイ「…口の聞き方気を付けろい」 

それでもジジイは笑ってたが。

 

16: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:45:38.97 ID:y+NcPp2n.net 
どうせ無理だと思った。いきなりのリクエスト。しかもブラックバードは意外と難しいというのをCD屋のマスターから聞いていた。 

ジジイ「ブラックバードシンギン…」 

めっちゃうめえ。ふざけんな。期待を返せ。あとものすごく発音がよかった。本家のポールより歌が上手い気がした。 

チャカチャカずっと鳴らして演奏は3分ほどで終わった。 

ジジイ「…で?」ニヤ 

このにやけにまたもカチンと来た。 

俺「じゃあ次はアクロス・ザ・ユニヴァースだ!」 
https://www.youtube.com/watch?v=zC4poOpZG9w

ジジイ「へいへい…」 

といってチューニングをし直した

 

18: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:46:58.97 ID:ZKv06bHc.net
面白いwwww

 

19: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:48:51.16 ID:k0OHj0bt.net
そのシジイは交差点で悪魔に魂を売ったのさ…w

 

21: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:52:13.00 ID:ZKv06bHc.net
>>19 
赤い目の悪魔さんちーっす

 

27: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:03:16.33 ID:k0OHj0bt.net
>>21 
誰が赤いおめめのトナカイさんやねんw 

ロックの定義は人それぞれ難しいな

 

20: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:49:07.08 ID:y+NcPp2n.net 
ポンポン 

その時チューナーを使ってなかった。俺は合わせるだけでもチューナー頼りだったのにw 

俺「チューナー使わんの?」 

ジジイ「…チューナーねえw」 

弾けなかったら殺してやるとまで思った。マジで。 

ジャラン… 

完璧だった。完璧すぎてビートルズ聞いてるのすら恥ずかしいくらいの完璧。歌は上手いしギターに狂いはない。 

ジジイ「…金」 

流石にここで折れた。小銭入れから300円出してギターケースに入れた。 

ジジイ「…お前中学生か?」
22: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:53:13.23 ID:y+NcPp2n.net 
俺「なんで分かったんじゃ?」 

ジジイ「…額がショボい」 

このジジイ、殺す。ジジイは笑うのを止めなかった。 

ジジイ「お前今ビートルズきいてんのか?」 

俺「ビートルズにニルヴァーナ。後はジョンのソロとか」 

結構洋楽は聞いてると思い込んでた。でもジジイは鼻で笑って 

ジジイ「…ロックってのを知ってねえなあ…」 

ビートルズは大好きだったから腹立ったけどそれ以上にジジイに興味が湧いた。自然に怖いイメージは無かった

 

24: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:00:37.81 ID:y+NcPp2n.net 
俺「じゃあどんなんがロックなんだよ!」 

ちょっとキレてた。まー痛い中学生だったししょうがないな。 

ジジイ「まあ、待てや。俺はもうロックは飽きたんや」 

俺「じゃあ何しよるん?」 

ジジイはにやけて「教えられまっしぇーん」と言った。今でも覚えてるけどあのときの殺意。 

ジジイ「…これくらい集まりゃいいか」 

ジジイはギターケースをチラッと見て言った。確かに3000円以上あった。

 

25: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:02:27.13 ID:ZKv06bHc.net
中学生相手に大人気ないじっじやwwww 
支援

 

28: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:03:17.62 ID:y+NcPp2n.net 
ジジイ「お前ギターすんのか?」 

俺は痛いとこつかれたと思った。隠してもしょうがないと観念した。 

俺「したいけど出来ない」 

ジジイ「なんでや?」 

俺「弾けんけえじゃ」 

するとジジイはカッカッカッって笑ってすくっと立った。意外と背が高い。多分170以上はあった。 

ポンポンと肩を叩かれ聞かれた。 

ジジイ「弾けるようになりてえか?」 

俺「…うん」