配達中にDQN車と事故を起こし修理費50万円を請求された→するとお得意先の893がやって来た結果・・・

俺の武勇伝ではなくて助けてもらった話 
ネタみたいな話だが一応実話w
俺は横浜の大学に通ってたんだ。 
趣味のバイクのローンを返済する為、ビデオ屋でバイトをしてた。 
バイトは時給の良い深夜に入ることが多かったんだが、 
結構暇な店で楽な仕事だった。 
ただ、店の場所が結構ヤバメの場所ということもあり、 
バイトの日は毎日のようにヤクザの事務所に配達をさせられていた… 

 

そのヤクザは店長の知り合いで、断れなく行くのはいつも俺の役目だった。 
でも、俺が選んで持っていくビデオはそのヤクザのツボにはまるらしく、 
「○○(←俺の名前)が持って来るビデオはいつもおもしれいなぁ」とか 
「○○がいつも持って来いよ」とか言ってくれて、 

チップを貰ったりして結構可愛がってもらっていた。 

そんな日が一年くらい続いたある日…

 

いつものように店に電話があって、 
「おう!○○か??今日も3本ばかりおもしれいやつ持って来いや!!」と… 
バイトに入った日はほとんど毎日のことなので、 
いつものように新作から面白いのを選んで、 
店の前に止まっているローン残額たっぷりwのバイクで配達に行くことにした。 

 

5分くらい走って、あと少しで組の事務所という時、 
急に左側のコンビニに止まっていた車がウインカーも付けずにいきなりUターンしてきた。 

急ブレーキを掛けたが、間に合わずにその車のどてっぱらにぶつかってしまった。 

バイクは倒れてカウルは割れ、タンクには大きな凹みが出来てしまった… 
ヘルメットにも傷が付き、「あぁ、やっちまった…orz」と泣きたくなっていると… 

「ふざけんなよ!!オマエなにやってんだよ!!!!!!!」 
「コラ!どこ見て運転してんだよ??????ああ?!!!」という罵声が… 

俺はてっきり謝ってくるのかと思ってたから、 
「?????」と思って見ると… 

 

当時でいうチーマーみたいな2組のカップルが車から出てきて、 
散々怒鳴り散らした後、 

「あーあ…オマエやっちゃったね この車いくらするか知ってる?」 
「これはドア交換だわ 50万はかかるかなぁ」とか言ってきた。

 

俺は「だってソッチが急に…」と言いかけたけど、 
男2人は腕にタトゥーが入ってって、結構やばそうな感じだったので、 
最後まで言えずに黙ってしまった。 

 

金髪の女2人は俺を見てニヤニヤ笑って電話をしていた。 

続きは次のページでご覧ください!!