9年間メンヘラと戦った結果・・・→衝撃の結末が!!

1 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:12:30.12 ID:gRlmCOqV0
少し長くなりそうだが、やっと決着がついた。

愚痴のようなものだが、聞いてくれ。

2 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:21:56.68 ID:gRlmCOqV0
人がいないか・・・。需要はないかもしれんが、だらだらと書いていこう。始まりは俺が高校二年のころだ。俺はバスケ部に所属していたんだが、やつも女子バスケ部に所属していた。

便宜上、やつをAとする。

Aは当時高校三年生で引退を間近に迎えており、かなりかわいい部類に入る女の子だった。

かわいい系というべきか、身長は低くてよく笑う子だった。

部活内どころか、学校内でも有名な方だったのではないだろうか。

とにかく俺を含めた男子バスケ部員にとっては憧れだった。

俺の高校ではバスケ部は男女でコートをハーフで分けて使っていたから、練習中に目が合うことなんてザラだったんだが、それだけでも優越感に浸れたものだった。

そして、ある日Aからメールが入ったんだ。

 



3 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:26:19.70 ID:gRlmCOqV0
当時、俺はAのアドレスなんて知らなかったが、突然メールがきた。俺と同じクラスのバスケ女子バスケ部員に聞いたと言っていたが、今になって考えればそれの真偽も定かではない。

俺はがたいが良く、体格の良い男性が好きだというAは俺に好意を抱いているらしかった。

まあ、それだけかわいい女の子が俺に好意を抱いているんだ。嬉しいよな。

そこからメールをしていくうちに仲は深まって、ついに俺は告白した。

「一生、大切にしてくれる?」

Aはそう言ったのを確かに覚えている。

これは完全にフラグだったんだな。

 

4 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:29:12.44 ID:0n2U/GPQ0
んでんでんでー

5 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:30:31.68 ID:gRlmCOqV0
それから、一緒に帰るようになった。

俺は自転車通学でAは電車通学だったから、学校から少し離れた駅まで自転車を押しながら歩いて帰った。

そして、付き合って二か月たったころからだろうか。

Aの奇行が始まった。

最初は、俺が同級生の女子バスケ部員と話していたとき。この同級生はBとする。

Bはそんなにかわいい子ではなかったんだが、同じクラスで部活も一緒ともなればある程度仲が良くなるのは当たり前だよな。

帰り道、その子とは仲が良いのかと聞かれた。

嫉妬されてるんだなとなんとなく感じた俺は、「たまに話す程度だよ」と答えた。

そのときは笑って「そっか」と言われたんだ。

6 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:30:38.62 ID:7FUy0t/S0
寝ないで、完結させられるなら見る

7 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:32:09.73 ID:gRlmCOqV0
>>6
今日中にさせるつもりではあるが、朝になるかもな。

そして次の日、Bの上靴がなくなったと問題になった。

俺は特に気にせず、かわいそうだなくらいにしか思ってなかった。

そして、Bに不幸の手紙のようなものが届きだした。

不幸の手紙というよりは「殺す」とか、「不細工が」みたいなことをノートに書かれてそれが靴箱にあったりしたようだ。

それは段々エスカレートして、ひどい日は猫の死骸が見つかったこともあった。

この時点でも、俺は仲の良いBにそんな嫌がらせがあるなんてと辛い気持ちにはなっていたが、Aとの関わりは全く気付かないでいた。

そして、Bは学校に来なくなった。

AはBがそんなことになって本当にかわいそうだと言っていた。