ニューハーフに恋した結果・・・

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/07/20(水) 21:50:19.044ID:zWFG/HB80.net
ちょっと脚色を入れてSS風にしてみたので投下していく

俺が会社に入社して始めて新人として参加したプロジェクトが終わった。
その打ち上げにうちのプロジェクトで居酒屋に言ったんだけど2次会メンバーが男しか居なくて風俗に行こうって流れになった。

うちはそれ程大きい会社でもなくプロジェクトメンバーと言っても8人程度で男5:女3の比率だった。
女は一次会だけお付き合い程度で参加してた。
2次会メンバーは結局3人しか居なかった。

俺は風俗に少し抵抗があって先輩に風俗なら自分は行くの辞めたいと辞退しようとしたんだが
新人という事もあって強制参加させという形になった。
それでも流石にちょっと無理と言ったら先輩がじゃあ抜き無しの店(キャバ)行こうってなって
キャバクラなら・・・って事で着いていった。

2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/07/20(水) 21:51:19.730ID:zWFG/HB80.net
俺は初キャバクラで緊張していたが連れて行ってもらった店は想像とは違っていた
イメージとしてはスナック?に近い感じだった

店に入るとママさんが「○○さんいらっしゃいませ」という感じで先輩は常連ぽかった

雰囲気は落ち着いていて、その日の客は俺達だけしか居なかった
席に座ると嬢3人が席に着いた。

先輩二人は慣れた感じで嬢の肩に手を回して
俺には構わず嬢達と話しだした。

俺は何をしていいのか分らずとりあえず俺の横についてくれた嬢に言われた事に返事だけしている状態だった
まずはメニューを聞かれ焼酎をかなり薄く水割りにしてもらいそれをちびちびと飲んでいた。

暫くすると場に少しなれて来て酒も入って嬢の話しもちゃんと聞けるようになってきた

6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/07/20(水) 21:57:01.229ID:q8Ri0WIe0.net
Hしたところだけかいて

3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/07/20(水) 21:52:33.692ID:zWFG/HB80.net
俺についた嬢は源氏名が夕(ユウ)背が高く髪は真っ黒で化粧もあまり濃くなく
スレンダーな感じで胸ははっきり言って小さかった。
なんていうか普通のOLみたいな感じでルックスは中国か韓国の人なのかと思ってた

「こういう店は始めて?」
「はい・・・緊張してます」
「ここは楽しむところだから緊張しなくてもいいんだよ」
「はい・・・自分 話しとかあまりできなくてw」
「いいわ 私がその分話してるからね!」

「私はなんて呼んだらいいかしら?」

名前を尋ねられて本名を教えていいのかわからず
とりあえず名字だけ教えた

「松田さんね よろしくお願いします」

色々話をしたけど割愛して覚えてる物だけで。

「ご出身は?」
「名古屋です」
「私も!同じー」

なんと同郷だった
中国人でも韓国人でもなかった
ちなみに日本語も流暢だった

歳は25と言っていたがまあそれは商売年齢だと思う

4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/07/20(水) 21:53:59.958ID:zWFG/HB80.net
同郷という事でローカルネタがでるわでるわ
初めてのデートは?長島スパーランドwwwwとか
でもそれ名古屋じゃないじゃんwというお決まりのツッコミ入れたり
夕と話してるのがすごく楽しくなった

自分がキャバクラに嵌るとは思わなかったけど夕とはずっと話してたかった
焼酎を作り直してくれる時、顔が近づいたり胸元が見えてドキドキした
小さいとはいえ谷間はあった。

先輩達も盛り上がってこっちの会話にも入ってくるようになったけど
夕にはあまり話かけなかった。
先輩達についた嬢はいかにも嬢です!という感じの女だった
おっπは大きかったけど。

1時間半ぐらいで終電に間に合わなくなりそうだったので
先輩に言ったらそろそろお開きという事になった

そこは先輩が奢ってくれたがかなり良心的な値段らしい
それでも水割り3杯でちょっとつまんで一人7000円だったので
俺には十分な値段だった

7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/07/20(水) 21:58:10.296ID:zWFG/HB80.net
先輩1人がタクシー乗るって言ったので店でタクシー呼んでもらって
俺は奢ってくれた先輩と2人で駅に向かっていた

「松田放置してたけどちゃんと楽しんでたじゃん」
「あの人俺と同じで名古屋だったんで話あいました」
「夕かー」

先輩が何か言いたげだった

「先輩夕さんとあまり話さなかったですよね」
「まあな あいつ男だぞ」
「え?」
「あれだ、ニューハーフってやつ」

そうなんだ・・・俺はショックというか混乱した
あれで男?まじで?

「先輩はニューハーフ嫌なんですか?」
「嫌ってわけじゃないけど別に好き好んでもいない 普通の嬢がいい」
「別に夕はそれを隠してないぞ」

俺は聞いてない!
話の流れだったのか俺はそんな話聞いてなかった。


10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/07/20(水) 22:01:06.488ID:zWFG/HB80.net
なんか釈然としなかった
まずニューハーフって普通は見ればわかるんじゃないの?
全然わからなかった
そういえば背は大きかったな・・・肩幅は・・・
声も女だったぞ・・・本当に男か?

色々夕の事を思い出していた
そしてものすごく気になった

打ち上げは金曜だった
土日ずっと悶々としていた ずっと夕の事を考えていた
自分でも何故かわからないニューハーフに興味があったのか?びっくりしたのか気になって仕方なかった。
夕から貰った名刺にLINEのIDと携帯番号が書いてあったので
LINEを登録しようと何度か思い留まった

プロジェクトが終わって暫くは定時で帰れる環境だった
流石に1人でキャバクラに行くのはハードルが高くとりあえず電話だけしてみた