憧れの先輩とデート中、エスカレーターで下半身に「シュルッ!」という感覚→ 子供が私の紐パンを・・・

長年片思いしていた大学のサークルの先輩。

 

彼女がいると聞いてアタックできなかったけど

ある時期からサークルOBの飲み会にフル出席するようになり

彼女と別れたと聞いたので、私は戦闘モードに入った。

 

積極的にアドレスを聞いて、先輩の趣味の知識を詰め込み
会社帰りの食事や、映画デートをする仲に発展。

 

距離が縮まる高揚感は今でも忘れらない。

 

毎晩LINEで会話する仲になり
ちょうど一年くらい前、バレンタインの前

 

「バレンタインにデートしてくれますか?」と聞いたら
「OK!」の返事が。

 

私の脳内はお花畑が満開になった。

 

バレンタインに告白→了承→晴れて彼女の座ゲット!

 

舞い上がっていた実家暮らしの私は親に
「飲み会行くけど、今夜は友達のところに泊まるかもグフフ」と用意周到。

 

いろいろ察してくれた姉がアクセサリーを借してくれて
コーディネートも完成させてくれた。

 

そしてバレンタイン当日。
私は気合いを入れまくってデートに挑んだ。

先輩の車に乗り、ランチをして

先輩が見たかった映画を一緒に観て

夜は先輩が予約してくれたレストランへ。

 

そこで告白する予定だった。

 

映画の後、食事まで時間があったので
先輩が買いたいスポーツ用品があるからと、イオンに行くことになった。

 

私は田舎住まいなので、休日のイオンはすごい人。

 

無駄に広い郊外のイオンなんだけど
私達にとっては「地元の六本木ヒルズ」。

 

デートのカップルもファミリーも、みんなそこに集まる。

 

フードコートもカフェも満席で、とにかく人・人・人。

 

スポーツ用品店に行くため、私達はエスカレーターに乗った。

続きは次のページでご覧ください!!