彼女を驚かそうとベッドに潜っていたら、彼女『シャワー浴びてからね?』男「OK」俺「!?」➡︎結果…

地震が起こった日、

同棲している彼女はバイト先(九州)にいて、

俺は仕事で本州に来てた。

俺がいたところも揺れたけど、震度3ぐらいでおー揺れたなー程度だった。

しかし、ニュースで熊本が震源地で九州は揺れが強いと知ってすぐ彼女に連絡した。

 

電話は繋がらなかったからLINEで大丈夫?と聞いた。

 

30分もしないうちに、「大丈夫だよ」ときた。

 

俺は次の日、早めに仕事を切り上げ九州の会社に戻り家へ急いだ。

 

その後も余震が続きなかなか寝付けなかった。

 

幸い、うちの地域は倒壊することはなかったけれど

一日に数回余震が続いた。

 

俺は彼女が心配だったけれど、

仕事は休めるわけもなく彼女に謝りつつ仕事に行った。

彼女は家に一人でいるよりはとバイトが休みだったが

シフトをいれてもらったみたいでバイトにいった。

 

本州へ入ると地震のメールは入るのに

揺れを感じることはないので不思議な感じだった。

 

丸一日と半日帰れない予定だったが、

九州から来る予定の人が来れなくなり半日以上早く家へ帰ることができた。

 

車での移動のため帰りは彼女の好きなお土産を買って帰り家へ急いだ。

 

彼女がバイトから帰る予定より二時間ぐらい早く家へ着いた。

 

ちなみに、彼女は車でバイトへ

俺は徒歩(10分)でいつも会社へ行っていた。

 

家へつくと彼女の車はなく、

俺は部屋の掃除をしながら帰ってくるのを待っていた。

 

アパートで同棲しているのだが、車が止まる音が聞こえてくる。

時間的に彼女だと思い(彼女にバイト終わりに連絡もらっていた)俺は

驚かそうと家のカギを閉めてベッドに潜って待っていた。(靴はあえて隠さずに)

 

靴に気づいたら探してくるかなー?とか考えながら待っていると

二人の話声と共にカギが開く音がした。

 

続きは次のページでご覧ください!!