電車の中でヤンキーに絡まれたおっさん!!次の駅で2人が降りたので付いて行った結果・・・

夏の修羅場

 

高校時代、自分は野球部で夏休みの練習に行った帰りのこと
電車の優先席をタンクトップ+日焼け+金髪ロンゲ+ハ-パンという分かりやすいヤンキーが占領してた。

 

当然、その周りには皆避けるので空間ができてて、自分も遠くに移動した

 

ある駅で見るからに登山帰りですって感じの大荷物を持った
スキンヘッドのオッサン(30ぐらい)が乗ってきて、ヤンキーの前に立つ

 

ヤンキーは睨んだり舌打ちしたりしてたんだけどオッサンスルー

 

ヤンキー「ウッゼェ……」
オッサン「……」

 

ヤンキー「邪魔なんだよオッサン」
オッサン「……」

 

ヤンキー「無視してんじゃねーよ」
オッサン「……」

ヤンキー「なめてんのかオイ!」
オッサン「……なめてないよ」

 

ヤンキー「あ!? 喧嘩うってんのか!?」
オッサン「うってないよ」

 

ヤンキー「調子乗ってんじゃネーゾ!? コラ!!」
オッサン「乗ってないよ」

 

ついにヤンキーが立ち上がりおっさんの胸倉を掴む

 

ヤンキー「おいテメェマジ次の駅で降りろや、マジブチギレたわ」
オッサン「いいよ」

 

ここで電車内の空気が一瞬止まった
ヤンキーもしばらく黙ってた
そしてこっからオッサンがひたすら喋る

 

続きは次のページから!!