真冬の山道で怪しい女に助けを求められたので渋々助けてあげた結果・・・

第一印象は最悪、顔立ちは普通くらい、中身は天然

端折って書いたら通じないと言われたので出来るだけまとめてみます。

俺=当時30歳 5年付き合ってた元カノに二股されて以来、極度の女性不信
元カノに捨てられてから彼女なし

嫁=女 当時21歳 JD 黙ってれば可愛い
嫁父=最強
嫁母=温厚、優しい、タレ目が可愛い

元カノに捨てられてから女性関係なしで趣味の世界に没頭
カメラと登山とロードバイクにハマり1人だけどそれなりに楽しんでいた。
毎年、冬になるとテント持参で撮影に行く場所あるんだが嫁との出会いがそこ

最寄りの駐車場に車とめて徒歩1時間ほどで目的地に到着するのだが途中で挙動不審な女を発見
撮影場所で女性に会うのは珍しくないけど、そのときは冬の北海道の2月しかも夜
嫁はジーパンにダウンジャケットにニット帽でフラフラと歩いてた

夜なのにライトも持たず(外灯とかない場所、せいぜい月明り)この時期に軽装
元々、女と関わりたくないから無視して素通りしようと遠回りでパスすると

「助けてください」と泣きながら声かけてきた

 

お化けとか信じないけどゾッとして「やだよ」と言い足早に撮影地へ向かった
後ろ振り向いたら追いかけてくるんじゃないかと想像してビビリながら到着
テント張って飯くって落ち着いてから撮影開始

雪も降ってなく月も雲もなしで星空撮影には良い条件で撮影してたらこちらに向かってくる足音が聞こえる。
「他に撮影する人きたのかな?」程度に思って撮影続行

暗闇から「助けてくれないんですか?」と聞こえた気がするので声のした方向をみると
さっきの挙動不審の女が木の側かららコッチ睨んでた・・

情けないけど「ひぃー」とか声にならない叫びあげてしまった。
そのあと何を思ったのかカメラで相手の顔確認する動作取ってた。。

そのまま固まってると、「何やってるの?助けてよ」と嫁が怒り気味に言ってきたのでようやく「さっきの女」かと理解
正直、あんな軽装でこの時期に来るなんてバカか?と思ってたので「撮影中なんですよね」とぶっきらぼうに返答

嫁「・・・・・」、俺「・・・・・・」

俺、嫁に背をむけて撮影続行、心の中で悪態つく
「せっかく休みとってきたのに面倒くさいなぁとか、さっさと消えろよとか」

嫁動かず、俺は無視、そんな空気に耐えきれず俺テントに逃げ込む

嫁「ちょっと・・・」と消え入りそうな声で抗議するが、俺無視
5分くらい経過して来た道へ戻るように足あとが聞こえてきた。
最初は正直、ホッとしたけど少し後悔というか反省する気持ちもあった。。

冷静に考えると嫁の服装では寒いだろう、手足も冷え切ってるはず
俺が来る前からいたわけだからかれこれ1時間以上は外にいるはず
山ではないけど天候崩れたら低体温症になる可能性も・・

とか考えてとにかく後を追うことにした。

嫁いました。
テントから50Mくらいの木が密集してる場所で体育座り?のような格好でうずくまってた。

 

俺見つけたときにホッとしたけど同時に面倒くさいとも思ってた。
嫁に声かけるも返事なし、ちょっと近づく、声かける、返事なし。
あれ?これはヤバイのではと嫁の肩を数回かるく叩きながら声をかける

嫁、反応「さむいよぉ~」と鼻水と涙がシャーベット状になった顔をあげて返答
嫁のジーパンすでに凍った状態、ニット帽も同じく、手袋はコーチの革手袋とか舐めんてのかと思った。

暗闇にフラフラ佇む姿みたときはお化けかと思うくらい怖かったです。

続きます。

とりあえず暖とるのが先決なので嫁をテント内へ誘導
そこで嫁が「変なことしないでね」と余計な一言を放つ、俺内心ムッと来たけどとにかくテント内にいれる

あらためて嫁の状況確認すると着てる服は乾かさないと駄目。乾かす手段なし
仕方ないので予備に持参してるアンダーウェアとジャケット、パンツ類渡して着替えるように言う。

嫁が警戒した顔するので言われる前にテントから出る
心の中で「糞ビッチ心配しなきゃ良かった」と毒づく、体力回復したらさっさとテントから出して駐車所まで返そうと決意

テントから嫁が「着替え終わりました」、「ありがとうございます。」、「すみません」と言ってきた、それ聞いて「糞ビッチ」から「面倒くさい女」へと変更
着替えたけど寒いだろうから寝袋だして下半身いれさせてスープとレトルトパスタ作って食べさせた。

すぐに体力回復しないだろうから小1時間ほど寝袋で寝ていいよと伝えて俺は外で撮影再開
撮影終わらせてテントに戻ると嫁熟睡してた。

続きは次のページでご覧ください!!