3.11が起きた時に店のマニュアルを無視して客よりも片思いの彼女を助けた結果・・・

医者に「出来るだけ他人に話したほうがいい」と言われたのですが、
口に出すと未だに情景がフラッシュバックして震えてしまうので、
文章に起こしてみます。長文、いくつかに分けます。
3.11の際の武勇伝。
当時某食品スーパーに勤めており、当時片思いだった女性も同じ職場に勤めていました。
妙な地響きが聞こえる、と思った瞬間、本震が来ました。
マニュアルには買い物籠をお客様に被らせる、というものがありましたが
真っ先に思いついたのは片思いの彼女の事。
本来なら叩かれる行為なのでしょうが、
彼女が担当、その時間いるであろう場所へ途中転びながらも走って向かいました。
丁度彼女が座り込んでいる天井部分がつり天井となっており
支えているワイヤーもすでに残り1本になっていました。
ああ、このままだと潰されるな、と、
妙に冷静にその光景が目に入っていたのを覚えています。
続きは次のページにてご覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です