小学生の時、ぼっち過ぎて夏休みにホームレスと飯食った結果・・・

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:00:20.68 ID:flZ1wfTAO
もう何年も前の話だけど

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:01:11.61 ID:YxiQG/YH0
そっか。頑張って

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:01:18.78 ID:GcDKo98p0
ホームレスをおかずに飯食ってたのか

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:04:50.59 ID:flZ1wfTAO
>>3
おっさんをおかずになんて出来ません

5: 【7m】 :2011/09/01(木) 07:01:51.39 ID:BVWnAwxO0
同卓してて臭くなかった?

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:04:50.59 ID:flZ1wfTAO
>>5
公園で洗ってたからそんなに臭くなかったよ

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:15:00.58 ID:flZ1wfTAO
まぁ暇な奴は聞いておくれ
携帯だから遅いのは勘弁な

当時、俺は小学生4年生
父は俺が生まれてすぐ事故で死んだ
だから母と二人で生活してたんだけど
母は生活のために朝から晩まで働いてたから
家庭での会話なんて一切なかった

おまけに学校でもぼっち
でもイジメられてたわけじゃなくて
田舎だったせいか、片親ってだけで仲間に入れて貰えなかったんだ
何か腫れ物を扱うようなカンジ
それを子供ながらに感じ取ってたのか、自分からもあえて友達を作ろうとはしなかったんだ

8: 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 :2011/09/01(木) 07:15:25.27 ID:LS3HLgMaP
ホームレスでも仲良く出来るお前はたいしたもんだ。

9: 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/09/01(木) 07:16:49.96 ID:mPhcTASE0
逆にホームレスがたいしたもんだろ

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:23:30.21 ID:flZ1wfTAO
学校でもぼっち
家でもぼっち

まぁそんな俺にも一つだけ料理という趣味があった
母は作る暇もない人だったから
よくホカ弁とかパンとかを置いててくれたんだけど
ある日テレビで料理番組を観てから興味を持ち
そこからレシピをメモして作ったり見様見真似で作ったりするようになった
それをラップしてテーブルに置いてたら母が喜んでくれたみたいで
月に一度お小遣と共に食費をくれるようになった

というわけで俺はめでたく食事係になったわけです


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:26:53.82 ID:aTglEfdw0
映画化決定!

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:29:30.09 ID:wtbILCgq0
なんかいい話な感じがする

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:29:38.60 ID:flZ1wfTAO
食事係になってからは飽きもせずに毎日飯作っては、
夕方に一人でテレビ観ながら食うという生活を送っていた

でもやはり寂しかった
飯は我ながら美味いと思ってたけど
母にすら「おいしい」と直接言われたことなかった
置き手紙に書いてたことはあったけど

そして寂しさに耐え切れなくなった俺は妙案を思い付く

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:34:31.43 ID:t3VPK53xi
なんか感動の超大作の予感

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:40:41.08 ID:flZ1wfTAO
ある日の夕方、俺はいつも通りに晩飯を作るとそれを皿に盛ってラップをした
確かカレーだったと思う
俺はその皿とスプーンを持って近所の空き地へ向かった

空き地には大型家電が不法投棄されてて
中がどうなってんのかはわかんなかったけど
空き地の周りには入れないように無数の鉄線が引いてあった

しかし数日前に大人がなんとか潜れるくらいの穴があるのを見つけてたから
そこから入って空き地の隅にあるデカい土管の上によじ登った

単純に外で食べてみたくなったんだ
ピクニック気分というかなんというか
でも近所とか学校の奴にそんな現場見られるのも嫌だったので
俺にとって空き地は絶好の場所だったんだ

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:50:05.85 ID:flZ1wfTAO
俺は夕暮れを見ながら無言で食った
外で食ったからといっても、所詮はぼっちなのだ
それでもいつもとは違う食事風景を俺はすごく気に入った

ので、それから毎日晩飯を空き地で食うようになった

漫画や時々デザートにアイスを持っていくと楽しさは倍増になった

そんなことをし始めて3日目くらいかな
俺はその日も灰色の土管の上で飯を食っていた
その日のメニューは忘れもしない、スパゲティーとおにぎりだった

そしてちょうどスパゲティーを食べ終わって、
漫画読みながらおにぎり食べてるところに事件は起こった

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:53:26.35 ID:G3GeLQ9G0
期待

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 07:55:25.75 ID:flZ1wfTAO
座っている土管の中からトンッと音がしたんだ
最初は気のせいだと思ってけど
それからまたトントンッて音が聞こえて
猫か何かが居るのかと軽い気持ちで土管の中を覗いてみたら
寝転がって新聞読んでるおっさんとバッチリ目が合ってしまった