受験前夜に初体験を捧げてくれた彼女が翌日、自ら命を絶った!残された遺書の内容に涙が止まらない・・・

一緒の大学に行こうと受験勉強を頑張っていた彼女と俺。
ある夜、服をボロボロにして家にやってきた彼女は・・・
「ごめんね」と泣きながら繰り返す彼女
2年前の話だけど、その傷は大きくて癒えてないが、
少しだけ心に余裕ができたら書く。
当時高校生だった俺には彼女がいて、
一緒の大学行くためお互いに受験勉強に励んでいた。
受験も近かったから、勉強優先で学校以外で会わない事にしてた。
「じゃあね、また明日学校で。」
「うん。」彼女とこう言って俺は家に帰った。
続きは次のページにてご覧ください。