震災で亡くなった親友との思い出➡︎今の嫁に親友は・・・

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/22(木) 20:06:47.77 ID:kUgYnxlM0
最近身の回りも落ち着いてきて、仕事も終わり一人発泡酒してたら
なんか書きたくなったので今回の震災で亡くなった親友との思い出を書いていこうと思う

オチも何もないけど、書いてこうと思う

酒飲めないからすでに若干頭いてぇ…

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/22(木) 20:12:16.10 ID:kUgYnxlM0
俺は生まれも育ちも関東boy

ていうか親友と言ってるけど親友久保が俺の事を親友と思ってたかはわからんが、
少なくとも俺にとっては親友なのでそう書かせてもらったw
親友って思ってなかったらごめんw

俺んちは酒屋で、家族はじいちゃん、ばぁちゃん、親父、お袋、そして俺の5人

親父もお袋もめちゃくちゃ元気で陽気だから俺の家は近所でも知られた陽気な家族だった

そんな家庭に育ったから俺は当然のようにお調子者の馬鹿なガキに育った

そんな俺と久保と出会ったのは中学に進学してから

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/22(木) 20:15:48.10 ID:hQKKVqCy0
いつ死神出てくる?

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/22(木) 20:19:19.75 ID:kUgYnxlM0
>>6
残念ながら死神さんは出てこないんだ

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/22(木) 20:19:19.75 ID:kUgYnxlM0
違う小学校だった久保と中学入学で同じクラスになり、俺らは席が前後だった

久保は野球やってたんだけどサッカー漫画のシュートが好きで、
学校に本を持ってきて俺に貸してくれた
ちなみに仮名を久保にしたのはなんとなくそこからとった

そこから俺と久保は仲良くなっていつもつるむようになった

久保は佐藤健に似てる感じのイケメンで、すごい優しいやつなんだが、
それでいてノリもよくて俺らと悪いことも色々やって先生によく叱られてた

ちなみに中学から熟女もの(30前後)AVを好んでいた俺に対し、
久保はくすぐりとか運動会とかそういうのが好きな異端児だった

当時の久保から借りパクしてしまった
くすぐりトランスというAVが未だに家にあるがどうしたものか…

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/22(木) 20:27:30.21 ID:kUgYnxlM0
書きたくなって書いちゃってる自己満以外の何物でもないので久保には申し訳なく思ってる

ちなみにくすぐりトランスではかなり抜いた記憶がある

そんな久保と2人で帰ってた中2の夏

俺「あー、今日も疲れた」

久保「・・・うん」

俺「ん?なんか元気なくね?」

久保「・・・」

俺「え、どうした?なんかあった?」

久保「・・・ちょっと1に聞いてもらいたいことがあるんだけど・・・」

俺「おぅ、全然いいぜ!どうした?まさか好きな子でもできた?w」

久保「・・・うん」

俺「うぇ・・・まじで?」

今までそんな様子を微塵も見せてなかったから驚いた

話を聞くと久保が好きなのは一つ上のテニス部の稲森さんって人で、
俺はよく部活をサボって女子テニス部を覗いてたんだが、
稲森さんはかなり工口可愛い人で俺の頭のフォルダに入ってたから全然しってた


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/22(木) 20:30:09.10 ID:ncHkpOsB0
>>1のスペック

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/22(木) 20:34:50.98 ID:kUgYnxlM0
>>19
26♂
高卒酒屋
フツメンであってほしい

稲森さんは俺らの学年でもそこそこ人気があったし、
サッカー部の先輩もつい何週間か前に撃沈してたのでかなり手強い相手だった

だけど久保の初恋をなんとか実らせてやりたい(面白半分)ってことで
そこから俺と久保の稲森大作戦が始まった・・・のだが、この作戦は最悪の結末を迎える

まぁ作戦といっても大したことはしてないが・・・
知ってる先輩の力やテニス部のやつらの力なんかを借りながら徐々に稲森さんに近づいて、
なんとか話せるくらいの関係にはなったんだ

この時点で俺は稲森さんがかなりのビッチでちょいDQN風味だということは把握していたが、

盲目になっている久保にはそれがわかってなかった

内心稲森さんはやめといたほうが…と思っていたが友の心情を思えば言い出せず、
とうとう久保は俺に内緒でラブレターを稲森さんの下駄箱に入れるという暴挙にでる