隣に住んでる中学生の女の子から1,000円貸して欲しいと言われ・・・【涙腺崩壊】

学生の時、アパートの隣に住んでたのが、

八畳一間に病気で寝たきりに近いお母さんと高齢のお婆さんと、中学生の娘さんという一家。

とにかくちっちゃくて痩せてて、ちゃんと食べてるのかなって感じの女の子。

けど明るくて、元気に挨拶とかしてくれて。なんとなく仲良くなった。

学校終わったら真っ直ぐ帰ってきて、お母さんお婆さんの身の回りのことやってた。

収入が生活保護しかない状態で、生活はかなり切りつめてる感じだった。

彼女の家、テレビはあったけど冷暖房の家電は無いし、電話も無かった。

制服以外の服二着しか持ってなかったし、いつも制服のスカートだった。

髪もシャンプー使わず石鹸だったみたいだし、自分で切ってた。

彼女の家の事知ると同情みたいな感情わいてきたけど、なるべく普通に接した。

だんだん親しくなると土日の休みとか俺の部屋に遊びに来るようになって、

宿題見たげたり一緒にゲームしたり、そんな時は笑ったりちょっと怒ったり、ホントにフツーの女の子だった。

けど、ある日バイトから帰ってみるとドアの前で待ってて

「○日に絶対返すから千円かしてください」って。

何か様子が変だったから「どうしたの?」って聞いたら顔真っ赤にして、

「…生理始まっちゃったけど、ナプキン無くなっちゃったから…あは。」

聞いたこと物凄い後悔したし自分責めたよ…。

少しだけ続き書かせて貰います。

千円と言われたけど千円札が無いと言い張って五千円札押しつけた。

夜の八時くらいだったけど、多分コンビニ行ってすぐ戻ってきて、

「残りは○日まで待ってください」って、四千円返しに来た。

返さなくていいよ、なんて言える感じでもなくて。黙って頷いた。

お母さん達には内緒にって言われはしたけど、お母さんはやっぱり気がついてたみたいで。

次の日、体調よかったのか朝ゴミ出ししてるお母さん会った。

「…お世話になってしまって。」って、何度も何度も頭下げて。

十八のガキだった俺に。

「俺も色々教えて持ってますから。お互い様ですよ。」

実際ゴミ出しとか分別とかやった事無くて、

適当詰め込んで出してたら駄目出しされたりした。

全く知らない街なので銀行やらスーパーやらの場所も一通り教えて貰った。

友人知人の全くいない街だったので、彼女に教えて貰って凄く助かった。

そんな事を話したと思う。

お母さんはやっと少し微笑んでくれて「また遊んでやって下さい」ってまた頭下げて。

立ち話してると、制服姿の彼女が鞄持って降りてきた。

「おはようございます!」って元気な挨拶してくれた。いつもの彼女だった。

「あれ、まだ早くない?」「今日、日直なんです。」短い会話かわして、送り出した。

「…よく笑うようになってくれたんですよ。」

お母さんが、嬉しそうに言って、また頭下げた。

貸した千円は、ちゃんと言った日に返ってきた。

「あは。ホント助かりました。」恥ずかしそうにそう言って、笑った。

あの一件以来は結構自分達の事もお互い話すようになって。

「学校慣れた?」と言う俺の問いかけに答えて「あんまり居場所無いです。」

不用意に聞いた俺に普通の口調で言った時は、またやっちゃったかと。結構へこんだ。

彼女がアパートに越してきたのは小六の夏頃で、慣れる前に中学上がってまたクラス替わって。

四月に中学行き始めてもお母さん体調悪い時期で、学校休んだり途中で帰ったりで。

周囲と打ち解けるタイミングを完全に逸して、浮いてる。それ聞いてまた、へこんで。

友達とか知り合いがいなくて、寂しくて俺と接するようになったんだろうと思った。

授業すんだら真っ直ぐ家帰ってきて、洗濯とか炊事とかこなして、暇出来たらドア叩いて。


頭悪いなりに勉強しようとして手当たり次第に乱読してたから文庫本がたくさんあった。

「続き読んでもいいですか?」って、静かに小説読んでる事が多くて。

持って帰っていいよと言っても、汚したら大変だしとか言って必ず俺の部屋で読む。

飲む物とかお菓子進めても、缶一本とか一袋とかじゃ遠慮して受け取らなくて、

ボトルあけたやつ分けるとか、封切ったやつ分けるとかしてやっと食べてくれて。

それきちんとお母さんお婆さんに報告するもんだから会うたびにお礼言われて、困った。

お返しにとお母さんに色々ご馳走になった。

タイ米のチャーハンってこんなに美味い物かと驚いて、レシピ聞いたけど普通の物で。

タイ米買ってきて暫くそればっかり作って食べてたけどどうしても近づけなくて、

彼女に聞いたら「私同じに作れないから、また食べに来てください。」って返事で。

いいのかな、って思いながらも何度も食べさせて貰った。

お礼言っても「娘がお世話になってますから。」いつもそう言ってくれて。

色々気にかけてくれてて。彼女通じて何やかやと教わることも多くて。

世話になりっぱなしの状態だった。

そのお母さんが最近ちょっと元気ないな、とか思っていた矢先の事。

俺と彼女が学校に行ってるとき、お母さんは動けなくなった。

学校の名前を覚えていたお婆さんが、俺にも電話してくれて。病院駆けつけて。

お婆さんは救急車を呼んだが、呼ぶかどうか迷って時間がたってしまったと、謝っていた。

多臓器不全。変化に気がつかない訳がない。何で放置したのか。

医者が、叫ぶように言った言葉。おもわず怒鳴りつけそうになった。

すいませんでした。」静かにそう言った彼女の方が、俺より大人だった。

即入院。集中治療。身内を呼んでおくように。医者はそう言っただけ。

完全に思考停止して。とにかく俺の手におえる事態じゃなくなって。

困り果てて、親父に電話をした。返事は「今から行く。」それだけ。

平日の昼に仕事抜けて、一時間ちょっと高速飛ばしてきてくれた親父。

お母さんとは、俺が入居したときの挨拶で会っただけの間柄。

「お世話になったんだろ。俺がお世話になったのと同じだ。」理由はそれだけ。

親父はまだ話が出来たお母さんと、二人で少し話して。硬い顔して出てきた。

お婆さんが限界っぽかったので、親父が送っていくことになった。

彼女は残ると言ったので、俺も残る事にした。

出来る事はないけど、彼女を一人には出来ないと、俺なりに思った。

薬とか点滴とかの影響で眠ってるお母さんのベット脇にあったイスに二人で座って。

じっとお母さんの顔見てる彼女の横で、俺が泣きそうで。必死で我慢した。

彼女が泣いてないのに泣くわけにはいかなかったから、なんとか我慢できた。

お母さんは、入院して三日目に亡くなった。あっけなかった。

享年三十四歳で。そんなに若かったのかと思うと、全然納得がいかなかった。

葬式の手配とか役所でやる手続きとか、そんな物もやらなくちゃならないけど、

お婆さんも混乱してて、俺も彼女も、やった事もなくて戸惑って。

また親父に電話をした。「そうか。」それだけ言って、また来てくれて。

半泣きで礼を言ったらビンタが飛んできた。「あの子の前でその面するなよ」と。

親父は、色々な事を一つ一つ処理していってくれた。頼もしかった。

葬式、火葬。現実味が無いまま淡々と進んでいって。

お骨になったお母さん見ても、まだ全然、これ何かの間違いだろって感じで。

お婆さんは、赤い目して口引き結んで。それでもしっかり背筋伸ばしてて。

彼女は涙をみせなかったけど、表情無くしてて。ずっと俺の手、痛いくらい握ってて。

時々、彼女に視線落とした俺と目があって。小さく頷いて。

全部の事が済むと、親父は俺達アパートに送って、仕事の為にすぐ帰って。

俺は一人、自分の部屋でただ座ってた。呆然と。頭が全然、動かなかった。

夜中になって、彼女がドア叩いた。Tシャツ、ジャージ姿。すぐ部屋に入れた。

彼女は着たままだった俺の喪服掴んで。それでもまだ笑顔作ってて。

「あは。やっぱ、おばーちゃんの前じゃ、泣いちゃ駄目かなって。」

ぼろぼろ、涙こぼして。

「お、お、おにーちゃんなら、ちょっとなら、許して、くれる、かな、って。」

やっと、声あげて泣いた。泣いてくれた。これで俺も泣いていいと思った。

結局俺のした事は、一緒に泣いた事。それだけ。情けなかった。

あの時以来、「お兄ちゃん」と呼ばれるようになった。

それまでは名字にさん付け。それがいきなり。

兄弟いないから呼ばれたこと無いし、相手は女の子だしで、気恥ずかしくて。

やめてと言った事もあったけど「ダメですか?」と言われると、ダメとは言えなくて。

お婆さんに言わせると「甘えたかろうから」と、そう言う事らしかった。

お婆さんは葬式以来、俺らに全く弱み見せなくてなって。何か気が張った感じで。

家の事を彼女にさせずに、全部自分がやるようになって、手伝おうとすると、追い払う。

内職まで始めて。組み立てとか、細かな手仕事。俺や彼女が手を出すと、怒る。

今思えば、一日中動いてる事で、あれこれ考える時間を減らしてたんだと思う。

平日は学校のあと、土日はバイトから帰って一息した頃に、必ず彼女がドア叩く。

話してたり、本読んでたり、たまにゲームしたり、やってる事は同じ。

ただ、時々ちょっと沈んだ感じで。言葉少なくなって。妙に距離が近くて。

やたらくっついてきたり、服とか腕とか持ったり掴まって離れなくなったり。

目が潤み始めたりすると、俺までそうなって。二人で我慢したり。しきれなかったり。

単に甘えてるだけって時もあって、くっついたり触れたりで俺の反応見てる感じで。

まぁいいかと言う感じで許してたら突然、膝に乗っかられた。かなり慌てた。

「こら。」「ちょっとだけ。」ちっちゃくて肉の薄い彼女。軽さに驚いた。

俺の胸に背中くっつけて。身体預けて。ぽつりと言った。

「…お父さんみたい。」「どういう意味?」つい、聞いた。

間を置いて「こんな感じだったのかなって思うんです。」そう答えて、微笑んで。

彼女にはお父さんの記憶が無い。言葉に詰まって。頭撫でて、ごまかした。

「あは。多分、こんな感じです。」くすぐったそうにしながらそう言った。

彼女はこの事もお婆さんに話していた。からかわれて、ちょっと困った。

夏休みに入ってからは俺はバイト。彼女はお婆さんの許しを得て内職の手伝い。

友達とかおかんとか、地元帰って来いと言う誘いもあったけど、帰らなかった。

彼女とお婆さんと、気になってしょうがなくて。

暑い盛りに、お母さんの四十九日。納骨に行く事になった。アパートから車で一時間半くらい。