両親とも不倫している毒親を持った中学生の女の子を預かることになった結果・・・

1:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:39:00.62 ID:nvwzlRRc0
立つのかな?

2:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:40:37.86 ID:nvwzlRRc0
立ったので書かせてもらいます。
一応書き溜めしてあります。

小さい頃から本当に平凡な子だった
銀行員の父
専業主婦の母
2つ上の姉
典型的なサラリーマン一家

俺はよく泣く子で、姉にケンカの度泣かされていた
学校では勉強がそんなには好きになれずギリ平均。
部活は姉の影響でソフトテニスに在籍。中学三年間続けたが常に地区大会止まり。
高校でも少しだけソフトテニス部に入ったが辞めてしまった。

大学や将来の事を全く考えていなかった俺は姉の影響で美大に進む事になった。
ここでも先を考えていない俺は陶芸を専攻
楽そうだからって理由で…

3:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:40:41.35 ID:t0CkHmzM0
かまわん続けたもれ

5:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:41:47.28 ID:nvwzlRRc0
>>3
ありがとう

学校以外では少し普通じゃなかったのかも知れない
まず近所の人が経営しているガソリンスタンドで中学からバイトしていた
小学生から始めたポケットバイクレースがキッカケで工具を貸してもらったり、
整備のイロハを教わるうちに中学から開店準備をやることになってた。

草レースだけども徐々に大きいバイクにクラスアップしていく
両親は厳格な人で、レースとかそういったものには一切お金は出さなかった。
バイトのお金はバイクに消えてった。結局高校卒業まで6年間働いた。
でも大学進学と同時に金策がつかなくなりレースを辞めた。

小中高と彼女はいなくて、数人に告白されるも何をすれば良いのかわからず終了ばかり。
ただモテとは違うんだろうけど、休み時間とかに
クラスで1番可愛い子が俺の脚の上に座っていつも雑談していたのはいい思い出。

騎馬戦の時、学校1綺麗な先輩の馬になり、股間と胸の感触をいただいたのもいい思い出。
騎馬戦でお近づきになれたその後、街で偶然会ってハグされ、腕組まれたのもいい思い出。

4:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:40:50.74 ID:xJJdS/jA0
どぞ

7:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:43:20.16 ID:nvwzlRRc0
>>4
ありがとう
正直、スレ立て初めてなので不手際はご容赦ください

そして大学時代
俺は一人暮らしを始めた。古いアパートだったが一応風呂トイレ付きの間取り2k家賃4万円
初めての一人暮らしでかなり嬉しかったのを覚えている。
しかし喜んでばかりはいられない。両親との約束で、
一人暮らしの条件に生活費は自分で出すというものがあった。

夕方から深夜までラウンジのウェイターとして働いた。
時給1000円で賄い付き、飲み放題。
学生にはものすごく有難いバイトでした。

この店は人の入れ替わりが激しくて、いつの間にかウェイターから
バーテンになっていて仕入れから仕込みまでやっていた。
オーナーはラウンジのビル上階に住居を構えていて、ほとんど店に降りて来ない。
ママ(オーナー奥さん)も夜8時以降にならないと降りて来ない。
普段何してるのか分からない人達だった。
仕事を回すのにも慣れ、付け回しも客のあしらいにも慣れた頃珍客が店に来た


6:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:41:55.83 ID:f1T+H0GZ0
続けろ

9:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:45:07.24 ID:nvwzlRRc0
>>6
ありがとう

制服女子
仕込み中だった俺は酒屋と思い
「ごめんミネ追加でお願い」
「…」
顔を上げると制服女子

固まった

「鍵わすれた」と内階段へ向かっていった

俺呆然として身動き一つ出来ないノーリアクション
その夜ママに聞いたら末の娘さんだそうで誰かわかって安心したのを覚えている。

あんまり親子で会話しないらしいが今日は店通ったとか店員また変わったとか話したらしい。
ミステリアスだった上階家族だったけど、普通の家族なんだなって思った。
翌日、仕込み中に酒飲みながら仕事をしていると
内階段から昨日の女の子が降りて来た。

8:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:44:51.62 ID:/DZLai/T0
聞きましょう。

12:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:47:24.58 ID:nvwzlRRc0
>>8
ありがとう

娘さん「お酒飲みながら仕事?」
と訝しげに話しかけてきた
俺「そうだよお腹減っちゃってね」
娘さん「ふーん」
で帰ってった
それからちょくちょく店に降りて来てはカウンターに座って話をするようになった。
俺「はい晩飯」
娘さん「いただきまーす」
娘さん「ごちそうさまー」
いつからか、晩飯を俺が作るというのが普通になっていた。日常はこんな感じ。

10:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:46:48.84 ID:xJJdS/jA0
wktk

11:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:47:16.89 ID:3Uhx0DI3i
いいよ続けて

13:名も無き被検体774号+:2011/12/09(金) 12:49:17.41 ID:nvwzlRRc0
全レスよりも書き溜め投下急ぎます。
みなさんありがとう

俺「何年?」
娘さん「2年」
俺「どこ行ってるの」
娘さん「○○女子」
俺「超お嬢様学校だ」「あれ遠いよね?」
娘さん「うん。この辺友達いない」
俺「そっかー往復だけで3時間くらいか」「頑張ってるなー」
娘さん「行きたくて行ってる訳じゃないけどね」
俺「?」
娘さん「もーいい」上階へ
俺「??」