高1の時に一目惚れした女子がクズみたいな男に捨てられ、男性不信に陥った結果・・・

1:名も無き被検体774号+:2014/02/12(水) 20:29:41.98 ID:aVjIbmRb0
チラ裏話ですまないが、少し話させてほしい

2:名も無き被検体774号+:2014/02/12(水) 20:30:42.10 ID:aVjIbmRb0
俺が初めてその子を見たのは、高校の入学式の次の日のHRだったかな
ともかく、自己紹介のときだった。
その子は背がとても低くて黒髪のショートカットがよく似合う女の子だった。
顔は吉木りさと石原さとみを足して二で割ったような感じで、だけどとにかく小さくて細くて華奢だった。
ちなみに、半端なく可愛い。
名前は吉木さんにしとく
自己紹介の内容は、「みなさんの迷惑にならないよう頑張りますので3年間よろしくお願いします」
みたいなこと言ってたかな。
あと、中学ではソフトテニスやってたって言ってた。

4:名も無き被検体774号+:2014/02/12(水) 20:32:51.04 ID:aVjIbmRb0
その自己紹介や、ペコリと頭を下げていそいそと机に向かうしぐさを見て、ものすごい低姿勢な子
だなぁーなんてそんとき思った。
彼女の目はすごくまっすぐで、その自己紹介ひとつに対しての一生懸命さがなんとなく伝わってきた。
たかが自己紹介なのにな。
で、なんでだかはわからないけど、この子は俺の知らないことをいっぱい知ってる、俺にないものをいっぱい

持ってるなって直感したんだ
ホントにばかみたいな話だけどなw

7:名も無き被検体774号+:2014/02/12(水) 20:35:55.06 ID:aVjIbmRb0
ひと目見て俺は吉木さんのことが気になった。話してみたいって思ったんだ。
純粋にただ素直に、彼女のことがもっとよく知りたいって思った。
あの頃の俺はこれからの高校生活になんの不安も抱いていない、ただのガキだった。

高校生活が本格的にスタートしての、最初の一週間やそこらなんてのは、どこも一緒だろう
自分の今後のクラス内での立ち位置が左右される大事な時期だからね
早くクラスに溶け込まんとみんな躍起になってて、俺も彼女とは関わる暇なんてなかった。

ようやくクラスになじんできた4月の中盤頃だったかな
ある日、俺らの男子グループの中で、昼休みにあるゲームが行われることになった。
指スマで負けた奴が、クラスの中の気になる女子のメアドを聞くという罰ゲームのような遊びだ。
指スマってのはあれね、「いっせーのwwwいちwww」とかやるやつね
高校時代そういうことやったことある奴いるよね

9:名も無き被検体774号+:2014/02/12(水) 20:36:30.00 ID:aVjIbmRb0
で、俺はというとこういうときの運は本当に強い。いい意味でか悪い意味でかはこの時の俺は知る由も
なかったわけだが、お約束通り俺はその指スマで無残に負けた。
つまり、罰ゲームを受けることになってしまった。
放課後までに、気になる女子のメアドをゲットする。
俺は、気になる女子といえば、吉木さんしかいないわけで。
だけど一度も話したこともない女子にいきなりメアド聞くなんてそんなリア充じみたことは到底出来る気がし なかった。

11:名も無き被検体774号+:2014/02/12(水) 20:38:13.06 ID:aVjIbmRb0
その昼休みが終わってから、ずっと緊張しっぱなしだった。
休み時間とか、彼女に声をかけようともくろむも、いかんせん
彼女はものすごい集中した表情で机に向かって予習?のようなことをしていて
とても話しかけづらかった。
しかも吉木さんはなにがすごいって、授業が終わった途端、机の上の消しカスをすべてゴミ箱に毎時間捨てに

行って、そのあとすぐに自分の席について予習を始める超絶優等生だった。
消しカスをゴミ箱に捨てに行く生徒とか見たことねーよってびっくりしてた。

14:名も無き被検体774号+:2014/02/12(水) 20:39:59.63 ID:aVjIbmRb0
気がつけばもう放課後になり、クラスの連中もまばらに下校し始めた。
さすがにそのころには俺の決心も固まり、あとは彼女と二人きりになれればって感じだった。
吉木さんがかばんを持って席を立ったので、俺も後に続いた。
俺たちは、下駄箱で、二人きりになった。
俺氏心臓バクバク。でも行くなら今しかない
意を決して俺は吉木さんに声をかけた

俺「あの、吉木さん・・・?」
吉木「は、はい?」
俺「あー、えっと吉木さんってテニス部入らないの?」
吉木「えと・・・硬式テニス部に入ろうと思ってます・・・」
俺「そうなんだ!俺は軟式かな。」(俺氏小学校の頃からテニスやってる)
吉木「そうなんですか」
俺「あ、あのさ、吉木さん。もしよかったら、メアド交換しない?」
吉木「えっ?・・・あ、いいですよ」
俺「マジ!?ありがとう!」

15:名も無き被検体774号+:2014/02/12(水) 20:40:42.73 ID:aVjIbmRb0
こんな感じだったと思う。
今思い出すと、明らかに脈絡がなさすぎる。不審者レベルだろww
彼女は俺に話しかけられた時は少し戸惑ってた様に見えたけど、メアド交換する時に笑顔で「ありがとうござ

います、じゃあ後でメールしますね」
って言ってくれて、それがなんだか嬉しかったし、ちょっぴり恥ずかしかった。
そんなこんなで俺は吉木さんのメアドを手に入れてしまった。
たぶん全部の始まりはここだったなって今になってみると思う。
俺はウキウキしながらその日部活に向かった。


16:名も無き被検体774号+:2014/02/12(水) 20:42:53.92 ID:aVjIbmRb0
それからというもの、俺と吉木さんは毎日のようにメールのやり取りをした。
あの頃はまだガラケーが主流でさ。俺も吉木さんもガラケーだったもんだから、ものすごい長文のメールを
毎日毎日何度もやり取りした。
ライン世代の今の高校生は分からないだろうなあ
あのメールの着信を待つドキドキ感とか、彼女から来たメールを開いたとき、ズラッと可愛らしい絵文字付き

でつづられた長文が目に飛び込んでくる嬉しさとか。
メール内容は、ホントにくだらない些細なことでさ。
その日あったことだとか、課題の内容についてだとか、お互いの中学時代の恋話とか、そんなこと。
聞けば、吉木さんは生まれて初めて用のないメールをしたらしい。
高校に入って一番最初にメアド聞いてくれた男子が自分だということが俺は嬉しかった。
罰ゲームも受けてみるもんだな。