寮の部屋に社長の息子がマスターキーを使って侵入し告白してきた!「前向きに」と返事しておいて夜逃げした結果・・・

若かりし頃の修羅場。

高校卒業後、親に進められ

就職した先で酷いイジメを受け退職。

入退院でドタバタしてて再就職先を見つけられずにいました。

社員寮に入ってましたが当然退職と同時に追い出されました。

家具などの大きな荷物は親が業者を呼び引き取り。

退院すると親に「家に置く気はない」宣言されました。

そしてしばらくホームレス生活をしながら職探し。

 

寮付きで募集してる所ならどこでもいいと探しました。

(お金も親に取られて無かったので本当に焦ってた)

そして見つけたとあるペンション。

ペンションの一室を寮として貸出、

ベッドもテレビもありました。

お風呂は部屋に少し狭いけど

綺麗なユニットバスがついていました。

お給料はものすごく安い(違法レベル)けど食事つき。

住めるだけでいい!食事もあるしサイコー!と飛びつきました。

他に受かった所もありましたが

寮が満室だったり空募集だったり…

大雪の中でホームレスは大変きつかったので判断力が鈍ってたんだと思います。

そこは家族経営の小さなペンションでした。

そこそこ繁盛してるらしく

入寮初日の朝から夜まで勤務。

客室掃除に荷物運びにお客様のお出迎え

お客様の食事の準備に食器洗いに掃除に…

といった感じでやる事が多くヘトヘトになりました。

 

日付が変わるくらいの時間に部屋に戻っていいとのお達し。

汗もかいたので部屋のお風呂にゆっくり浸かる事にしました。

疲れていたせいか服や下着をベッドの上に置き忘れたまま入浴。

体を洗い湯船に浸かっていると部屋から物音がしました。

耳をすますともう何も聞こえない。

なんだか変だなぁ、

荷物が落ちた音って感じもしない。

でも確実に物音はしたし…。と少し悩み。

結局私はバスタオルを体に巻きお風呂から出ました。

お風呂のドアを開けた時、心臓が止まるかと思いました。

続きは次のページでご覧ください!!