外をフラフラしてたら見知らぬ男に「良いバイトがある」と言われたのでついて行ったらゾッとする事態に…!

歳がばれてしまうが、

俺が大学2年のときだからもう15年も前の話。

学校は埼玉だったんだが、

その日は授業さぼって一人で新宿をふらふらしていた。

とくに行くあてはなかったんだけどね。

歩くにも疲れたんで、歩道の端にある

ガードレールに腰掛けていたとき、男が声をかけてきた。

「暇ですか?」ってね。

もちろん怪しいと思ったよ。で、

とっさに「友達待ってるところだ」と言ったんだよ。

 

そしたらその男は、

「ちょっとバイトやってくれないか?」と言ってきた。

はぁ?って感じだよね。

そんなの絶対怪しいのは分かってたけど、

気が弱い俺は即断るのをためらって、

「何のバイトですか?」と聞いてしまった。

「大きな声じゃいえないんだけど・・・」

と男は前置きした後、ゆっくり顔を近づけて

「死体洗いって知ってるよね?」と聞いてきた。

はい、知っていますとも。

だけど本当にあるわけ無いじゃない。

誰だってそう思うよね。

でも気が弱い俺は、

「はぁ」と相槌を打ってしまったんだ。

「そのバイト、やってくれないかな?」

やばいのに捕まったな。心底俺はそう思ったよ。

「でも、友達待ってるんで」

「いや、今すぐじゃないんだよ。今週の土曜日だから」

言って、一枚の名刺を差し出した

 

「でね、
バイト料は2万円でるから。
2~3時間で終わるからいい報酬でしょ。
じゃ、
来れるかどうか今日中に連絡くださいね」

名刺の裏には地図が書いてあった。

怪しいのは十分に分かっていたが、

懐具合が俺を決断させた。

家に帰ると早速電話をした。

「もしもし・・・」出たのはあの男だった。

「あの、アルバイトのことで・・・」

続きは次のページでご覧ください!!