家を失った元カノと遭遇。「寄りを戻してほしい」と言ってきた➡︎俺が出した答えで・・・

俺と嫁は大学時代から付き合っていたんだけれど 

 

当時バブル後の絶頂不況、

就職超氷河期で俺は上手く就職出来なかったんだ。 

 

嫁は一般職だけど

そこそこの大企業にスルスルっと決まってしまって 

 

「就職先も見つけられないようなダメ人間と付き合っていてもしょうがない。」

結構な暴言で俺を振った。 

 

俺は一時失意のどん底だったが

親に頼んで就留させてもらい 

どうにか1年後まあまあの所に就職できた。 

 

その更に2年後

嫁の勤めていた会社が不況の煽りで倒産した。 

 

更に運の悪い事に・・・

 

嫁の実家は自営業だったのだがそこも連鎖倒産。 

 

嫁一家は路頭に迷う。 

 

当時親と別居していた嫁は

嫁両親の夜逃げに連れて行ってもらえず 

マジで天涯孤独の職無しになってしまった。 

当時は小泉改革前で

派遣とか今ほど充実してない上に 

ネカフェなんかも今ほど便利ではなく 

嫁はマジでしばらくホームレスをする羽目になったとか。

 

ホームレス中の嫁と偶然再会した俺は、

余りの境遇に同情して 

 

持ってたお菓子なんかを分けてやったが

これが餌付けになってしまったようで 

それ以来「寄りを戻してくれ。」としつこかった。 

 

別れた経緯上ありえないのだが

余りのしつこさに、ついイラっとして 
「近くの川(1級河川)に橋から飛び降りたら(当時真冬)許してやるよ。」

 

脅しで言ったところ…….

 

続きは次のページから!!