中学時代、別のクラスの女と付き合ってたらそのクラス全員が敵になり・・・

3: 1@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:11:18.31ID:lh2NYSx50.net
僕はさわやか3組でしたw
書いてもいいですか?

4: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:13:24.74ID:baAqs4pH0.net
どうぞ

6: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:14:14.10ID:vWxK5fDm0.net
きくよ

7: 1@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:19:34.96ID:lh2NYSx50.net
ありがとう
では書かせてもらいます。

当時俺は 中3の15歳 剣道部
中三の6月くらいに付き合い始めた子がいるんだ、それは同じ剣道部の女子
キャプテンだったやつだ 名前は佐々木
俺たちの剣道部はとにかく厳しく付き合ってるなんて知れたらたぶん死ぬ直前まで
稽古させられる
でも、お互いほんとに好きだったのでひっそりと付き合うことになった

10: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:22:17.00ID:WuQdkwYG0.net
みてる

11: 1@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:24:34.29ID:lh2NYSx50.net
ただ女って内緒って言っても言いたがる生き物なのか、次の日には知ってる
人が多数、二日後にはかなりの人に知れていた。
からかわれたりはしたが俺は特に気にしていなかった
あとから知った話だが部活の顧問も知っていたみたいだ、確かに佐々木とわざと
らしく稽古させられることが結構あったがその程度だった
ただ、問題は顧問にばれるよりも大変なことになる

12: 1@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:33:37.73ID:lh2NYSx50.net
そのころには部活は引退していて早く帰れるようになっていた
当時俺はFFXにはまっていたので速攻家に帰ってやってた、そしたら携帯に
メールが入った 着信音はマジンカイザー(今思うとかなり恥ずかしい)
メール開いて俺フリーズ
「1浮気してるんだってね」
・・・・・・・・え?頭が真っ白になるってこのことかとか思いつつ
1  「何の話だ、浮気なんかしてない」
佐々木「だって高橋がそぉ言ってたよ!○×中の佐藤と!」

13: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:37:34.92ID:lJZrorbII.net
これは良スレの予感

14: 1@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:42:41.17ID:lh2NYSx50.net
高橋とは
4組のやつ、俺とは小学生のころからの友達 昔はよく遊んだが中学に入って
からはほとんど接していない

○×中の佐藤
同級生 剣道部 俺見たことはあるが話したことは一度もない
俺はこいつと付き合ってることになってる意味わからん

そのあと電話かけて知らないってこと言いつづけたが佐々木は俺を信じてくれなかった
電話を一方的に切られ俺再びフリーズ  シーモア倒してる途中なのに

16: 1@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:54:10.56ID:lh2NYSx50.net
次の日、登校 教室のドア開ける
・・・・・・俺の机のまわりに人 なんだなんだ
男3人 女3だったかな、しかもほとんど話したことないやつら
1 「俺の机になんか用」
!!!!!!ってなってた そんで笑いながらそいつら退散
俺、嫌な予感
ここで俺の親友、野田が
野田「おい!あいつらお前の机になんか入れていったぞ!喧嘩でも売ったか?」
1 「さぁ、俺は何もしてない」
ガサガサ 机に何か入っている
たたかう
まほう
どうぐ
調べる←

手紙が入ってる しかもよくわからない折りかたで


17: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 09:54:15.66ID:Ai/uNmHQ0.net
高橋最悪だな
や~い、ツノなし、ツノなしって煽ってやればいい

18: 1@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 10:02:11.67ID:lh2NYSx50.net
すいません
書き溜めないので遅いかもしれません、、
あと途中急にいなくなる時もあるかもしれないです

19: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 10:02:34.06ID:baAqs4pH0.net
のんびりどうぞ

20: 1@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 10:06:59.46ID:lh2NYSx50.net
手紙の内容
「浮気してるやつは○します、消えろ、4組でお前つぶす」
みたいな内容だった テラコワス
途中英語で書いてあったので野田に解読手伝ってもらった

1 「・・・・・・・・・・」
野田「お前何やらかしたんだよ」
1 「・・・・・・・・・・」
野田「話せや」
1 「お前も巻き込むことになるかもしれないんだぞ」
野田「んじゃいいや」
1 「・・・・・・・・・・・・・(涙目)」
野田「うそうそ(笑)最後まで協力するよ その代わりホルモンのCDかせよw」

この時、俺は野田がほんとにいいやつだってことを実感した
だから俺はシャープペンの芯はこいつになら惜しみなくあげようと心に決めた

21: 1@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 10:13:58.62ID:lh2NYSx50.net
ただその日から地獄のような日が始まる
全校集会で集まるとき明らかに視線が俺にささる、ひそひそ何かを話してる
野田が聞いていて、やはり俺のことのようだった
机に手紙が入ってたのはもちろん、ペンケースが破壊されていることもあった
当然無視されるし、話せば悪口だ
一方彼女は4組の一員で俺を信じてはくれていなかった

24: 1@\(^o^)/: 2014/10/20(月) 10:27:46.34ID:lh2NYSx50.net
俺は気付いた。これは単なる嫌がらせではない
「イジメ」だ

俺はとにかく耐えていた先生に相談なんてしたら余計に報復につながると思った
からだ、そんな時でも野田には相談した、ただ全部ではない
野田にも迷惑かけたくなかった俺は一人で何とか解決しようと思ったんだ
ただ俺の精神にも限界はある
イジメが続いて2週間くらいたったころか、状況は悪くなるだけでいた
教科書が消える、スクール鞄に砕いたチョーク、靴が片方水びたし
どれも陰湿なものだ
知ってるか陰湿ないじめは精神的にかなりくる、自分ではわかっていなくても
確実に心が痛んでくるんだ
そして3週間目くらいに俺の精神は崩壊した