嘘ついて漫画家を自称したら・・・マジでヤバイ事になった!!

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/01(月) 02:30:25.44 ID:Fs193yXx0

エイプリルフールという事で
嘘をついた話を告白。

俺は当時17歳。
高校の漫画研究部ではまあまあ上手いほうで、ゲーム雑誌の常連はがき職人だった。
俺は調子に乗って「色んな編集部から仕事頼まれてる」「ジャンプから連載の話持ちかけられてる」
とかふかしまくってた。
ちなみに画力は今で言うとPIXIVでも「あー勘違いしちゃったんだね・・w」みたいな感じのレベル。
下手な上に寒い感じの絵柄。
(ちなみに今現在は絵は書かない。車の販売)

そんな俺には毎週楽しみにしているものがあった。
若手の声優がMCを務めるラジオ番組だ。

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/01(月) 02:34:15.05 ID:8nwMBcSOO

これは期待

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/01(月) 02:36:05.43 ID:Fs193yXx0

その声優は今では大作アニメには必ず出演するくらいの売れっ子になったが
当時はその番組自体が初のメディア出演、みたいな感じで
リスナーと声優が二人三脚でやってる感じがとても良かった。

俺はその番組にも毎週リクエストはがきを出し、
毎回気合を入れたカラーイラストを添えていた。
コピックで色を塗っていたが、必ずイラストの横に「今カラーインク切れてて・・・雑ですいませんw あー画材ほし~」と書いていた

番組開始半年くらいのある日。
声優『えーでは次のリクエストは、おっ常連さんですねー! この方は毎回気合の入ったイラストを描いてくれてますっ!ありがとー!』
ゲスト『わーすごーい!かっこいいー!』
声優『東京都・”闇夜の孤独なる狂い演奏者、って美化しすぎ~~~!!??”さん!いつもありがとうございます!!』

俺は耳を疑った。俺だ!!俺の事だ!!

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/01(月) 02:39:12.87 ID:8nwMBcSOO

リスナー名が厨二くさいなwwww

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/01(月) 02:37:13.41 ID:kioxIDeo0

闇夜の孤独なる狂い演奏者、って美化しすぎ~~~!!??

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/01(月) 02:41:18.61 ID:Fs193yXx0

俺は次の日、めちゃくちゃ気合を入れたイラストをはがきに書き、
「読んでくれてありがとうございます!応援してます! あー書きすぎて手首痛えw」というメッセージを再び投稿した。
リクエスト曲はエヴァの挿入歌か何かだ。

翌週、信じられない事が起きた。
声優はまた俺のイラストに触れた。
声優「またまた力作ですねー!もしかして闇夜さんプロの方でしょうか、すごい慣れた感じですねー」
俺は心臓がグワングワンなって、ベッドに倒れた。たぶん本当に心不全になりかけてたとガチで思う。

俺は再びはがきを手に取り、絵を書いた。
今回は何故か下書きをラフな感じに。
そして、こう書き添えた。

「実はプロです・・・w とある雑誌の連載の合間に書いてますwあ~寝てね~」

翌週、どえらい事が起こることも知らず、俺ははがきを投函した