母子家庭で育ち16歳から一人で生きてきた嫁と喧嘩をする時「言ってはいけないこと」を言い続けた結果・・・。

みなさんは誰かと口論になったことはありますか?

なったことにないにしろ、

その現場を見たことは

あるのではないでしょうか?

 

兄弟喧嘩やカップルの喧嘩、

両親の喧嘩など

小さいモノから大きなモノまで、

様々な「いざこざ」が私たちの周りには

日々起こっていますよね?

 

今回ご紹介するのは、夫婦喧嘩の成り行きで、夫から奥さんに対して言ってはならない一言を言い放ってしまった結果、取り返しのつかない悲惨な結末を迎えてしまった、あるご夫婦のお話です。

投稿者は、その件で猛省した旦那さんです。

片親で育った嫁

その後16歳で母を

亡くしてずっと一人で生きてきた嫁。

 

嫁はいつも強かった。

いや、強がってた。

嫁が19の時、いわゆる授かり婚をした。

 

俺のわがままや

自己中からよく喧嘩をした。

 

喧嘩の最後に俺は必ず
「気に入らないなら出てけ!実家に帰れよ!」

 

って言っていた。

嫁には帰る実家がないことが

わかっててわざと言ってた。

そう言えば行く場所のない嫁が

謝ることを知っていたから。

 

いつものように喧嘩

嫁が妊娠5ヶ月に入ったころ、

またいつものように喧嘩した。

そしていつものように俺は

「気に入らないなら出てけ。実家に帰れよ!」

 

って言った。

 

いつもなら謝る嫁が今回は違った。

 

涙をためて、携帯を置いて

カバン一つだけ持って出て行った。

 

どうせ行くとこがないし

すぐ帰ってくるだろうと

思い放っておいた。

 

だけど次の日に

なっても帰ってこない・・・。

 

 

電話した。

 

さすがに心配になって、

嫁の携帯に入ってる

メモリー全部に電話した。

 

といっても嫁の携帯には、

会社に勤めたこともない事もあり

俺と友達8人と病院の

連絡先しか入ってない。

 

しかし嫁の行方を知ってる人はいなかった。

連絡もつかず仕事中も心配でしょうがなかった。

 

そして一週間後。

ポストに届いたのは・・・

続きは次のページでご覧ください!!