不良小学生の俺らが友達の父親を襲撃した結果➡︎ 予想してなかった展開に!!

俺が小学校6年生に進級したときの話。

6年生初日の登校日。

 

特にクラス替えもなく見慣れた顔触れで

「春休み短かったよな~」とか

「FFの裏ボス倒したぜ」とか

 

いつも通り友達と会話をしてる所で

教室の扉が開き、先生が入ってきた。

 

「あ~、やっぱりまたふるっち先生かよ~」

「うるさい。大体お前らわかってただろ?
うちは二年ごとに受け持つ学校なんだから」

「先生の顔見飽きた~。」

 

こんな何気ない会話が教室に響き渡る。

 

先生自身も全員去年と同じ顔ぶれなので

特に気張って挨拶もすることもなく

「今年もよろしく」程度の挨拶を済ますと

だらけてた先生の顔が一瞬引き締まる。

 

「今日から転校生がきたんだ。
いいか?みんな仲良くしてやれよ~」

「わかってるよ~。席が一個多いもん!男?女?」

「焦るな。今、紹介する。坂倉~。入ってこい~」

クラスみんなの視線が扉に注がれる。

 

横に座ってる山田花子を7~8発蹴られたような顔したブスは

「出会いの予感♪」などと、狂おしいほどに

イカれた言葉を汚い口から吐いたのを覚えている。

 

扉が開き一人の少年が下を向いたまま入ってきた。

 

髪が無造作というよりかは、むしろぐちゃぐちゃといった表現が近い

耳まで伸ばした黒髪に、二重でやや釣り上がり気味の目。

顔は面長で細く引き締まり、やや大人びた顔立ち。

キツネ顔のホストのような男にクラスの連中は目を奪われる。

「うわ~♪」「きゃ~♪」という黄色い声援というよりかは

もはやピンクに近い天井に突き抜けるような悲鳴を女子達があげ

その声を聞いただけで男子数人は既に不愉快そうな顔をしてる。

普通の転校生だったら自己紹介で

オロオロ戸惑い上手にしゃべれず

緊張感を丸出しにするのだがこの坂倉は違った。

次のページに続きます…