「8◯3の事務所に突入したらイジメをやめてやる」と言われた➡︎張り切りすぎて大暴れした結果…!

中学の頃にイジメを受けてました

そのイジメである日、

「近くの8〇3の事務所に行って来い!」と言われて

それに関してはかなり抵抗しましたが

結局は抵抗空しく突撃する事になりました。

イジメっ子の出した条件は3個

1、8〇3の事務所の中に入る事(これができたら殴るの免除)
2、8〇3と握手してる所の写メ(これができたらパシリの免除)
3、8〇3の名刺かバッチ(これができたらイジメをしない権利1週間)

上記の様な事を言われた私は精神的にも参っていて

「イジメが一週間もなくなる権利が欲しい!」と真面目に考えて

狙うは全部クリアでした。

そんな中、まず最初に私が何をしたかというと…

 

確かに必要なものかもしれませんが(笑)

まず私は万が一の事を考えて

携帯のメールに【遺書】を書きました。

 

内容は【お父さん、お母さん、兄ちゃんバイバイサヨウナラ( *´艸`)】

ふざけてません、これ、原文そのまんまなんです。

この( *´艸`)は今でも何故描いたのかは不明です。

今から考えれば正に

「なにわろてんねん」状態なんですけど(笑)

私は【遺書】を書き終えると8〇3の事務所に向かいました。

そして玄関の前まで行き震える手でチャイムを押しました

10秒くらいで反応はありました

若い兄ちゃんの声で「はい?なにか?」と言われ

私はテンパり噛みながら声を出しました

「こここ・・こんばんわ!(昼です)あ、あ、の!○○組のシャッチョサンいますのか?(意味不です)」

自分なりの精一杯の声を出しました

ですが反応が全然帰ってこず

1分位静寂が続いた頃でしょうか

「少々お待ちください」

 

この言葉を聞いて私はションベンが漏れそうでした。

茶色く大きな扉が少し開いて、

そこから普通のイケメンの兄ちゃんが顔を出しました

「・・・・何か用?」

私は頭が真っ白になりながらも懸命に言葉を選び話しました

続きは次のページでご覧ください!!