親にバレないようにゲームをしていた姉と俺。姉「窓の外に人の気配がする」➡︎その結果・・・

まだ宮崎の田舎に住んでた小学校3年の時
姉と2人で『マザー2』ってゲームにハマってたんだ。
俺ん家は「ゲームは土日に3時間だけ」
って面倒な決まりがあって、
普段スーファミのカセットは居間に封印してあるんだが、
このゲームだけはどうしても我慢できなかった。
 
幸い自分の部屋にはスーファミ本体とテレビがあったので
夜中にこっそり居間にカセットを取りに行っては、姉と『マザー2』をやり込んだ。
んで実際にプレーするのは俺。
姉は隣りでお菓子食べながら見てて、
俺が詰まると色々と知恵出してくれる
アドバイザー。
俺より2つ年上だったんで凄い頼りになった。

 

今でもハッキリ覚えてるが、
その頃はゲップーって敵に大苦戦しててひたすらレベル上げしてたんだ。
えみつ使えば楽勝だって事も知らずにな。
時間は大体午前1時、丁度今位の季節で
寒かったので毛布にくるまってゲームしてた。
必死にザコと戦闘してる時、姉が不意に
 
「タケ、テレビ消して」
 
て言ってきた。
俺は訳がわかんなかったから焦って
 
「何で?眠いの?じゃあコイツ倒したら
戻ってセーブするからちょっと待ってよ」
 
と返した。が
 
「ゲームの電源は切らなくて
いいから…テレビ消しな」
 
姉は締切ったカーテンの方を
見ながら静かに呟いた。

 

俺は少し怖くなってテレビを消して
布団に潜り込んだ。
 
「どうしたの?」
 
恐る恐る聞くと、姉は息だけの声で囁いた。
「庭の方で足音が聞こえる」

 

俺ん家は周りをジャリに覆われていて、
人が歩いたりすると
「ジャッ、ジャッ」
て音がするからすぐわかるんだ。
俺はゲームに夢中で全然気がつかなかったけど、
姉は結構前から気付いてたらしい。
で、余りにも立ち去らないから
俺にテレビを消させたんだと言っていた。
耳を澄ますと確かにジャッ、ジャッ、
と庭先の方から聞こえる。
本当に怖くなって
 
「犬か猫でしょ?」
 
と聞くが姉は答えない。

じっとカーテンの方を睨んでる。

次第に足音が近付いて来るのがわかった。
 
足音が窓外のすぐ近くで止まった。
怖くてたまらなくなって姉の腰に
ギュッとしがみついた。
しばらくして
 
「あのぉ…、すいません」
 
甲高い女の人の声が呼び掛けてきた。
姉は答えない。
俺は目をつむり必死で姉の体にしがみついた。
 
「起きてますよね?…
困ったコトになったんで、
ココ開けてもらえませんか?」

 

来訪者が来るにはズレすぎた
この時間帯と、深夜の暗さが
恐怖をあおり、怖い夢でも
見てる感覚になった。
 
暫くの沈黙の後、
外にいる女が窓に手を掛ける気配があった。
ガタガタと窓が揺れだした時、
不意に姉が立ち上がった。
俺を振りほどいて部屋の引き戸を開けた。
続きは次のページでご覧ください!!