ホームステイすることになった18歳のアメリカ人と1ヶ月間同じ部屋で寝泊まりした結果

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:18:47.97 ID:3kSfYnwG0

母「あんた遊び相手になってあげてよ」

男「はぁ?俺英語無理パス」

母「大丈夫よ、日本語上手だから」

男「上手いって言っても「コンニチハ」みたいなカタコトだろ?」

母「いやいや、本当に日本人かと思うよ」

男「皆そう言うんだよ」

母「いや、ほら、ウェ○ツとか」

男「逆に英語喋れないじゃん」

母「はぁ、男の癖にゴチャゴチャうるさいわねぇ、晩飯ぬき朝飯もぬきずっと抜き」

男「」

 

 

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:22:29.08 ID:3kSfYnwG0

母「それでも良いの?」

男「いや駄目っしょ」

母「じゃあ頼んだ」

男「なんで引き受けたんだよ」

母「アメリカの友達の子だからよ、その友達は仕事で忙しいから来れないんだって」

男「そうかよ、飯抜きにされても困るから引き受けるよ」

母「じゃあ母さん出掛けるね」

男「はいよ」

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:28:43.22 ID:3kSfYnwG0

男「ったくダリーなー……

そういや、いつ来るんだ?」

男「いや昼間から来るわけ無いよな、来るなら夜だろ根拠はないけど、うん、ゲームやろ」

ピンポーン

男「!!!」ビクッ

男「おいおいおい、何だよ宅配便か?宅配便だなキットそうだ、そうに決まってる」

男「は、ハーイ」ガチャ

米女「どうも、暫くの間お世話になるメアリーです。」

男(終わったあああああああああ!!!何だよ美少女じゃねーか、こんなんと一緒にいたら固まっちまう)色々と

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:33:31.44 ID:3kSfYnwG0

メアリー「あのー、私の事聞いてませんかで」

男「き、聞いてるよ、耳にタコが出来るほどに」

メアリー「耳にタコ?なんですか?」

男「なんでもない、取り合えず上がって下さい」

メアリー「お邪魔します、日本は靴を脱ぐんですよね?勉強してきました」

男(イカンな、普通に接しないと、俺も相手も同じ人間だ)

男「日本は初めて?」

メアリー「はい」

 

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:37:28.89 ID:3kSfYnwG0

男「日本語上手だね」

メアリー「そうですか?ありがとうございます」

男「取り合えずそこ座ってて、お茶淹れるから」

メアリー「日本のお茶ですか?緑色ですか?」

男「あー、紅茶の方が良い?」

メアリー「いえ、日本のお茶を飲んでみたいです」

男「そう、緑茶だけどちょっと苦いよ?」

メアリー「大丈夫です」

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:41:08.20 ID:3kSfYnwG0

メアリー「ところで、貴方のお名前まだ聞いてませんね、教えて下さい」

男「竹永 」

名前>>17

まともなやつ頼む

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:43:43.33 ID:0uTEVV+gO

太郎

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:46:36.06 ID:g0ohjWpp0

英語の教科書かよwww

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:49:37.17 ID:3kSfYnwG0

太朗「太朗 竹永、たろうで良いよ」

メアリー「太朗、日本人て感じがしますね」

太朗「そう? はいお茶」

メアリー「おー緑色のお茶、いただきます」ズー

メアリー「苦いっ、すごい苦いビックリ」

太朗「だから言ったのに、紅茶にする?」

メアリー「いえ、これが良いですクセになる苦味ハマりました」

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:54:58.65 ID:3kSfYnwG0

太朗「しかし日本語上手だね、英語喋れるの?」

メアリー「もちろん、ペラペラペラペラ」

太朗「あーあーもう良いよ俺分からないから」

メアリー「教えましょうか?」

太朗「遠慮します。…

そういや飯食ったの?」

メアリー「ご飯ですか?まだ食べてませんでした」

太朗「ちょっと待ってて」

 

太朗「うーん、米とお茶漬けしかねーよ、お茶漬け食うかな?」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 01:00:33.91 ID:3kSfYnwG0

太朗「いや、聞いた話だと外国人て啜って食う文化がないんだよな、ふりかけとなんかで良いか」

太朗「お待ちー」コト

メアリー「良いんですか?いただいて」

太朗「良いよ、口に合うかわからないけど」

メアリー「では、いただきます」パクッ

メアリー「美味しいです、これはなんて言うんですか?」

太朗「漬物」(漬物食えるんだ、臭いとか言って食わないかと思った)

メアリー「これは、ミソスープ?日本だとなんて言うんですか?」

太朗「味噌汁だよ」

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 01:07:46.51 ID:3kSfYnwG0

メアリー「はー、美味しかったです。ごちそうさまでした」

太朗「余り物だけどね、それよりどっか行く?家で何かする?」

メアリー「うーん、今日は家が良いです」

太朗「じゃあゲームでもする?」

メアリー「ほー、ゲーム、良いですね」

太朗「じゃあ部屋行こうか」

メアリー「はい」

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 01:12:24.25 ID:3kSfYnwG0

太朗(ヤベー、普通に部屋に招いちまったよ)

メアリー「ここがタロウの部屋?木の良い匂いがしますね」

太朗「そう?普通でしょ、それより何しようか?Wii?プレステ?」ドキドキ

メアリー「お任せします」

太朗「じゃあパーティーゲームでもしようか」

メアリー「はい」

1時間後

母「ただいまー」

37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 01:16:03.97 ID:3kSfYnwG0

太朗「おう」

母「女の子来た?」

太朗「来たよ、今寝てる」

母「あー、時間がちがうもんね」

太朗「ところで晩飯は?」

母「今日はご馳走よ」

続きは次のページでご覧ください!!