合唱コンクールで大地讃頌をデスボイスで歌い叫んだ結果・・・

当時俺はデスボイスにハマってた
バンドとかじゃなくてデスボイスの奇声の響きにハマってた
当時の俺はあらゆる歌をデスボイスで歌っていた
そのデスボイスにハマってた時期に学校では中学校生活最後の合唱コンクールに向けてみんな合唱の練習をしていた
曲目は「時の旅人」「大地讃頌」
これがいけなかった
練習で俺は至って普通にふつ~うに練習していた
俺は元々声は低い方だったのでバスを担当した
そしてお約束の「ちょっと男子ちゃんと歌って!!」のやり取りもあって
順調にみんな合唱技術が上達していった
ある日大地讃頌を合唱練習していた時の事
最後『母なる大地をアー 讃えよ大地を アアアアアアアア』
という部分で俺は閃いてしまった。

 

普通に歌ってもつまらない、
デスボイスで歌い上げれば高得点で優勝できるんじゃないかと俺は閃いてしまった
俺は俺なりにクラスの優勝に研修するつもりだった
俺はその日からデスボイスの練習に時間を費やした
学校では普通に歌い
家ではデスボイスで歌った
何故こうしたかと言うとみんなにサプライズを提供したいと思ったのと
デスボイスで高得点に導き
みんなに「さっすがタケヒロ!!」と思われたかったから
合唱コンクール2週間前のことだった
俺はデスボイスで高得点に導けるなら
時の旅人もデスボイスであってもいいのでは?
と閃いてしまった

俺は練習に乗り出した
さて問題はどこでデスボイスするかだ
『めぐるめぐる 風ー』この部分だ!!
と俺の中に電流が走った
その同時に俺は天才ではないか?と思った
もう誰も俺を止められなかった
そして合唱コンクール1週間前
前よりも一層雰囲気がピリピリし始め、練習にも熱が入る
練習は放課後5時までに及ぶ事もあった
勿論、俺のデスボイスにもより一層磨きがかかっていった
俺は3年1組の優勝を信じて疑わなかった
何故なら俺が優勝に導いてやると本気で思ってたから
俺のデスボイスが合唱コンクールのスタンダードになると信じてたから
今までの伝統を俺がぶち壊し 新しい合唱コンクールの時代を切り開くのは俺だ!!!!
と俺の中にレボリューションが起こっていた

俺が優勝に導けば合唱コンクールはデスボイスが普通になり
その先駆者として俺の名前が歴史に刻まれると・・・
そして当日
校長先生の話しに始まり校歌を歌い
いよいよ合唱コンクールが始まった
一年生から始まり
みんなそれぞれ一生懸命歌っていた
俺はニヤニヤが止まらなかった
何故なら今日
俺の名前が歴史に刻まれると思うと笑いが止まらなかった
俺達三年生は午後の部に回されていた
そして3年4組から始まり
俺達3年1組は一番最後に歌う事になっていた
「モルダウ」「一つの朝」などなど
耳に残るフレーズの曲ばかりだった
しかし俺は思った
続きは次のページにてご覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です