トイレ掃除の女性を「人間のゴミ」と馬鹿にした学生➡︎そのとき放ったある男性の言葉が胸に突き刺さる

トイレの清掃員は、とても簡単な仕事ではありません。

男女問わず、定期的に清掃に入り、便器の隅々まで清掃を行います。

もちろんゴム手袋はしていますが、時に頑固な汚れが付着していたり、

ガムなどの粘着物が吐き捨てられている時は素手で作業する事だってあります。

私は、そんなトイレの清掃員をしてます。

ビル清掃の会社でパートとして働き、

来る日も来る日もトイレやビルの共用部の清掃を行っています。

とは言え、この作業が好きだからやっているなんて

カッコいい事は言いませんし、言えません。

ただ、一つだけ言える事は

「仕事があるだけで、仕事を与えられているだけで感謝している」という事。

元々は正社員として働いていたのですが、

6年前に急にリストラをされてしまいました。

当時上司に言われた解雇理由は、今でも忘れません。

「女性だから、今後の事を

 考えて優先的に切っていく

 事にした。」

こんな無責任で酷い一言だけでした。

そんな経験を経てきた私にとって、

どんな仕事でも差別されずに必要とされる仕事は有り難く、

とてもやりがいのある事。

来年で55歳を迎えますが、

日々喜んでトイレの清掃を行い、

利用者が快く使用出来るよう心がけてピカピカにしています。

清掃中は、もちろんトイレ前に

「清掃中」の立て看板を置いて作業をしますが、

それでも利用者はどんどん入ってきます。

普段、利用者にとっては『空気』の様な存在である私達は、

特段気にもしませんが気にもされていません。

それぐらいが丁度いいのです。

しかし、ちょうど1年程前にとても嫌な経験をしたのです。

続きは次のページでご覧ください!!