ひったくりを捕まえた!しかし、オレもひったくられるという衝撃のラスト・・・

1:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 17:48:31.43 ID:luT6Y9k9O
立ったら書く。けど、ちょっと待ってて。

2:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 17:50:19.78 ID:6BmpIy7L0
スレたて初めてなので、粗相があったらヌクモリティで見て下さい。
書いてもいいですか?

4:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 17:52:04.73 ID:0FEroOYI0
うむ
今年最後のお間抜けっぷりを聞いてやろう

5:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 17:55:19.66 ID:6BmpIy7L0
>>4
ありがとう。

とりあえず当時のスペック

俺 25歳
身長 173cm
体重 62kg
容姿 メガネ。韓国人だったらもてそうな顔と言われる。

6:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 17:56:03.48 ID:6BmpIy7L0
それは、6年前の12月でした。
その日は金曜日で、俺は忘年会だった。
酒が飲めない俺は、家に帰るとクラクラしながら、テレビを付けコタツに潜り込んでいた。
気持ち悪くて仕方がなかった。
それからしばらくした、たぶん12時ぐらいだったと思う。

7:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 17:56:45.56 ID:6BmpIy7L0
「どろぼう!どろぼう!」
「だれか!どろぼう!」
声と同時に、外を走る靴の音が聞こえた。
クラクラする頭で俺は考えた。
(酔っ払いの大学生か?ふざけてんのか?)
(でも、本当だったら面倒だな)
(まぁ誰かいるだろ。俺が出なくても…)
(でもなぁ…とりあえず様子でも見てくるか…)

で、外へ出た。

10:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:00:09.58 ID:6BmpIy7L0
アパートの階段をおりて、声がした方向を向くと…
酒が吹っ飛んだ。
目の前に、全身黒ずくめのジャージ姿の男がいた…
うっすらと笑みを浮かべて俺を見ていた。

11:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:01:27.57 ID:6BmpIy7L0
そして、右手にはヴィトンのバックを持っていた。
いきなり見つけちまったよ…俺。
この服装にこのバック、こいつ犯人でしょ。
自分の運の強さというか無さを悔やんだ。
でも、開き直った。
「おい、そのバック返せよ。」

13:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:04:58.26 ID:6BmpIy7L0
男「なんだよ!」
俺「それ返せよ」
男「なんだよ!」
俺「何度もいわせんな、ぼけぇ!」(声が震えてました)
そんなやり取りをしているうちに俺の後ろから車が来た。

14:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:05:31.29 ID:6BmpIy7L0
チャンスだと思った。
俺が手を差し出すと、男は無言でバックを出してきた。
俺「最初からそうすりゃいいんだよ。」
そして、俺がバックをつかむと同時に男が逃げ出した。
バックは俺の手に残った。追いかけるか少し悩んだが、すぐに俺は後ろの車の人に声を掛けた。
俺「助けてください!ひったくりです!」

15:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:06:07.37 ID:6BmpIy7L0
兄ちゃん「えっ!」
俺「追ってください!」
兄ちゃん「あいつですか!わかりました!」
俺「お願いします!」(声が震えてました)
車で走り出す兄ちゃん。
車の後ろを走る俺。

16:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:06:38.06 ID:6BmpIy7L0
男が曲がり角を曲がり、俺には見えなくなってしまった。
しかし、車で先を走っていた兄ちゃんには見えていた様で、車を停めて住宅の裏へ走り出した。
車からもう一人の兄ちゃんと、女の子が出てきた。
気がつくと周りの家からも人が出てきていた。
なかにはゴルフクラブを持って出てきてるオッサンもいた。
それを見て、少し安心した。心強かった。

17:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 18:07:04.99 ID:6BmpIy7L0
俺「ひったくりです!助けてください!」
できるだけ周りの人を巻き込もうとして叫んだ。
オッサン「どこ?どこにいった?」
俺「この家の裏です!」
走り出すオッサン。眺める俺。
手に持ったバックをどうするか考えていたら、兄ちゃん二人が男を捕まえて出てきた。
オッサンがクラブを握って後ろを歩いている。ドヤ顔だった。

18:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 18:16:33.37 ID:A1MYZcoP0
見てるよ

19:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:21:06.98 ID:6BmpIy7L0
>>18
ありがとう。続ける。

20:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:21:54.76 ID:6BmpIy7L0
俺「てめぇ!何してんだ!」
男「何にもしてねぇよ!離せよ!」
俺「自分がしたことがわからねえのか!」
男「何もしてねえよ!なんだよ!」
俺「正しいことを言ってんのはこっちだ!間違ってるのはお前だ!」
兄ちゃんA「うるせぇ!二人とも黙ってろ!」
俺「…はい」
兄ちゃんB「警察に電話しました?」
俺「してません!」
兄ちゃんAB「してください!」
俺「はい!」

21:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:22:40.52 ID:6BmpIy7L0
そのとき、さっき車から出てきた女の子が俺の肩を叩いた。

女「あの、彼女…」
俺「彼女?いません!」キリッ
女「いえ、あの娘が…」
俺「えっ?」
女「あの娘…」

少し離れた道路を指さした。

22:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:23:24.38 ID:6BmpIy7L0
指のさした方向をみると女の子がorzしてた。
俺は走り寄った。
俺「大丈夫ですか?これあなたのバックですよね?大丈夫ですよ」
orz娘「ぶえぇぇぇえ。ありがとうございまずずずずz」
俺「ケガは?」
orz娘「だいじょうぶれすすうすす、ぶえええぇぇぇえ」
兄ちゃんB「おい!早く警察に電話して!」
俺「はいぃぃぃ!」

23:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:24:18.80 ID:6BmpIy7L0
アパートに携帯を走って取りに行った。
俺は警察に電話するのが初めてだった。
俺「もしもし、ひったくりです!」
警察「はっ、はいいいい!ど、どこですか?」
俺「○○のあたりです!」
警察「○○ですね!!ところであなたはだれですか?」
警察の対応者もテンパっていた。

25:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:25:09.27 ID:6BmpIy7L0
俺「は?え?吉田と言います。」
警察「吉田さんですね?えっとどなたですか?」
俺「え?」
警察「えっと…どういった関係ですか?」
俺「え?」
警察「え?」
電話を切ろうと思った。

26:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:27:12.16 ID:6BmpIy7L0
俺「とりあえず早く来てください」
警察「いま向ってます。あなたはなぜそこにいるのですか?」
俺「えっ?…捕まえたからかな?」
警察「犯人はいますか?」
俺「います!あっ逃げた!」(まじで逃げ出してた)
警察「えッ!」
俺「あっ、捕まえた」(兄ちゃんBのタックルが決まった!兄ちゃんBすげぇ!)

くらいまでは覚えてるけど、あとは何を話したか覚えてない…
とにかく噛み合ってなかった。

27:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:27:58.53 ID:6BmpIy7L0
警察が来ると、男が放心状態で虚ろな目をして道路を見つめてた。
なんだか物悲しい気持ちになった。
兄ちゃんたちに掴まれて、ズボンが下がっていた。
白ブリーフが見えていた。

30:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 18:35:15.05 ID:4Q7AOQoJ0
頑張れ吉田。
負けるな吉田。

32:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 18:38:07.45 ID:NKj/fE4dO
けど…

捕まえたの吉田じゃなくね?

34:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:40:23.88 ID:6BmpIy7L0
>>32
そう!そうなんだよ。俺じゃないの。
でも、その場の流れで俺になったの。

警察にもちゃんと言ったんだが「吉田で良いじゃん」的な流れになった。