古い寺を解体したら2m位の文字が書かれた木箱を発見→絶対開けるなと言われたが中国人のバイトが開けてしまった結果・・・

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、

先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。

今は利用者もないお寺ね。

んでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。

「~、ちょっと来て」と。

俺が行くと、同僚の足元に黒ずんだ長い木箱が置いてたんだわ。

俺「何これ?」

同僚「いや、何かなと思って・・・。本堂の奥の密閉された部屋に置いてあったんだけど。ちょっと管理してる業者さんに電話してみるわ」

木箱の大きさは2mくらいかなぁ。

相当古い物みたいで、多分木が腐ってたんじゃないかな。

表に白い紙が貼り付けられて、何か書いてあるんだわ。

相当昔の字と言う事は分ったけど、凡字の様な物も見えたけど、

もう紙もボロボロで何書いてるかほとんどわからない。

かろうじて読み取れたのは、

「大正??年??七月??ノ呪法ヲモッテ、両面スクナヲ???二封ズ」

的な事が書いてあったんだ。

木箱には釘が打ち付けられてて開ける訳にもいかず、

業者さんも「明日、昔の住職に聞いてみる」と言ってたんで、

その日は木箱を近くのプレハブに置いておく事にしたんだわ

んで翌日。解体作業現場に着く前に、業者から電話かかってきて、

業者「あの木箱ですけどねぇ、元住職が、『絶対に開けるな!!』って凄い剣幕なんですよ・・・。なんでも自分が引き取るって言ってるので、よろしくお願いします」

俺は念のため、現場に着く前に現場監督に木箱の事電話しておこうと思い、

俺「あの~、昨日の木箱の事ですけど」

監督「あぁ、あれ!お宅で雇ってる中国人(留学生)のバイト作業員2人いるでしょ?そいつが勝手に開けよったんですわ!!とにかく早く来てください」

嫌な予感がし、現場へと急いだ。

プレハブの周りに、5~6人の人だかり。

例のバイト中国人2人が放心状態でプレハブの前に座っている。

監督「こいつがね、昨日の夜中、仲間と一緒に面白半分で開けよったらしいんですよ。 で、問題は中身なんですけどね・・・。ちょっと見てもらえます?」

単刀直入に言うと、両手をボクサーの様に構えた人間のミイラらしき物が入っていた。

ただ異様だったのは・・・頭が2つ。

シャム双生児?みたいな奇形児いるじゃない。

多分ああいう奇形の人か、作り物なんじゃないかと思ったんだが・・・。

監督「これ見てね、ショック受けたんか何か知りませんけどね、この2人何にも喋らないんですよ」

中国人2人は俺らがいくら問いかけても、

放心状態でボーっとしていた(日本語はかなり話せるのに)。

あ、言い忘れたけど、そのミイラは

「頭が両側に2つくっついてて、腕が左右2本ずつ、足は通常通り2本」

という 異様な形態だったのね。

俺もネットや2ちゃんとかで色んな奇形の写真見たことあったんで、

そりゃビックリしたけど、「あぁ、奇形か作りもんだろうな」と思ったわけね。

んで、例の中国人2人は一応病院に車で送る事になって、

警察への連絡はどうしようかって話をしてた時に、

元住職(80歳超えてる)が息子さんが運転する車で来た。

開口一番、住職

「空けたんか!!空けたんかこの馬鹿たれが!!しまい、空けたらしまいじゃ・・・」

俺らはあまりの剣幕にポカーンとしてたんだけど、住職が今度は息子に怒鳴り始めた。

岩手訛りがキツかったんで標準語で書くけど、

住職「お前、リョウメンスクナ様をあの時、京都の~寺(聞き取れなかった)に絶対送る言うたじゃろが!!送らんかったんかこのボンクラが!!馬鹿たれが!!」

ホント80過ぎの爺さんとは思えないくらいの怒声だった。

住職「空けたんは誰?病院?その人らはもうダメ思うけど、一応アンタらは祓ってあげるから」

俺らも正直怖かったんで、

されるがままに何やらお経みたいの聴かされて、

経典みたいなのでかなり強く背中とか肩とか叩かれた。

結構長くて30分くらいやってたかな。

住職は木箱を車に積み込み、別れ際にこう言った。

「可哀想だけど、あんたら長生きでけんよ」

続きは次のページでご覧ください!!