妻が娘を置いて不倫相手と出ていった→数十年後、ホームレスのような元妻が訪ねてきて…

私は48歳の男性です。

現在、卒業目前の娘がいます。

妻は、いません。

妻と私は、働き始めた頃、

同僚でした。

バブル全盛期でしたので、

私も会社も金回りが良くて、

私も新入にしては

そこそこの高収入でした。

妻と私はすぐに結婚しました。

数年後には娘にも恵まれました。

幸せでした。

バブルがはじけて数年後、 

私は職を失いました。
職を失い数日後、
妻が家からいなくなりました。
置手紙を残していました。
「ごめんなさい。あなたとは
やっていけそうにありません。
さようなら」
2歳の娘までほったらかして、
妻は逃げていきました。

 

貯金も殆ど持ち去られていました。
ただでさえ失職して貧乏になったのに、
追い討ちをかけられました。
自害すら考えました。
娘と心中しよう。
いや、妻も一緒に○してやる。
できませんでした。
のちに、妻は不倫をしていて、
その不倫相手と
再婚したことがわかりました。
娘が保育園生の頃、
「どうして私にはママがいないの?」
と聞いてきました。
「ママはタヒんだんだよ」嘘をつきました。
※私の両親は、
阪神淡路大震災や交通事故で
亡くなり、兄弟もいません。
親戚とも疎遠となっています。
嘘をついてもまずバレません。
タヒぬということを
理解できない年頃でしょうが、
それでなんとかその先ずっと
押し通すことができました。
その後、私は実家の土地や
先祖代代の山、田を全て売って、
タヒに物狂いで働きました。
貯金もかなりの額になりましたが、
娘の大学進学のために
使う予定だったので、
住んでいたボロ
アパートからは引っ越さず、
今まで通りの質素・貧乏・
倹約生活を続けました。
娘が中学生になって、
あることを聞いてきました。
「どうしてママの遺影とか
飾ってないん?」
「ママのお母さんとか
お父さんってどんな人?」
嘘も限界がきたな、と思いました。

 

続きは次のページでご覧ください!!