信号待ちしていたらクラウンに追突されたけど運転手が出てこない→ドアを開けたらこっちが警察に捕まり…!

一昨日の仕事帰りの話
俺の住んでる所は雪国なんだが、
日中太陽が出て雪が溶けると夕方には放射冷却で
道路がツルツルに凍る。
そんなツルツルの路面を慎重に運転しながら帰ってたんだが、
信号待ちしてたら後続車が俺の車に追突してきた。
「まじかよ超めんどくせぇ…」
とか思いながら外に出たら
ク〇〇ンア〇リートが俺の車に刺さってた。
でも衝撃もほとんど無かったし俺の車のハッチバックが凹んでる程度
ク〇〇ンは頑丈だった
続きは次のページをご覧ください。