幽霊にビビった女友達が転落死した結果、警察に殺人犯だと疑われてしまい・・・

特定は嫌だからやや端的に話す

誰にも言えないからここで愚痴らせて下さい

少し前に女友達が転落死した話し

菜々緒みたいな子だったから菜々緒と呼ぶな

菜々緒は元職場の後輩なんだけど割と近所(電車で一駅)の子だった

転職してからは仲の良い友達的な感じで職場仲間と飲んでた

ある晩にラインが来てた

部屋の中がおかしいと

誰もいないはずなのにモノが動いたり、急に水が流れたり

俺は正直何言ってんだ…って感じだったし、

他のみんなも「そりゃ怖い(笑)」みたいな感じだった

でもしつこくそんなことを言ってきてとうとう誰かが様子を見に行く流れに

結果、帰宅中かつ近かった俺が行くことに

菜々緒に聞いたら怖くて家にいられないからコンビニにいるというのでそこに向かった

俺は幽霊の類とか信じてないし、

菜々緒が言ってることも風とか振動とかそんなんやろくらいだった

でもコンビニで合流した菜々緒は化粧もしてない、髪は濡れたまま、

着てるのも寝間着みたいな風呂上り同然だった

菜々緒はどっちかって言うと常にお洒落にしてたい方だから

そんな恰好で出てきたのはかなり珍しい

ホントに怖かったんだなと感じつつ、話聞いて一緒に家に向かった

菜々緒は乗り気じゃなかったけど

コンビニに居続けるわけにもいかないのでとりあえず渋々付いてきた

アパートの前に着くと菜々緒の顔が引きつった

消してない電気が消えているとのこと

まあ、勘違いだろうと思いつつ、

ビビる菜々緒を宥めながら玄関まで移動

ドアを開けたが真っ暗だった

玄関の電気を付けて中を伺ったが特に異変はなさそうだった

それじゃ菜々緒は納得しないのでリビングまで行って電気つけた

玄関からは一直線なので玄関で立ち尽くしてる菜々緒からも見えたはず

そんで俺が「ほら、何もないよ」

って部屋に手を伸ばしながら振り向いたところで菜々緒が悲鳴を上げた

キャーみたいな女らしさはなくて、ギャァ!みたいなの

そんでそのまま外へ駆け出していった

俺は部屋はそのままに後を追いかけたが階段のところで凄い音がした

続きは次のページから!!