パンツ売りの少女の伝説→彼女の衝撃の最期とは・・・

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/27(水) 23:17:02.622 ID:6qUhYwQl0
あるところにとても貧しい1人の少女が居ました。
少女はマッチを売る仕事をしていましたが、このご時世、マッチなど売れる筈もありません。
季節は冬。
寒さに震えながら道行く人々に声を掛け続けても、マッチは1本も売れません。
少女はとうとう寒さに耐えかねて、売り物のマッチを燃やして、暖をとることにしました。

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/27(水) 23:18:45.178 ID:6qUhYwQl0
少女がマッチを擦ると、シュボッと音を立ててマッチは勢いよく燃えました。
「あったかい…」
そう少女がひとりごちると、次の瞬間にはもうマッチは燃え尽きてしまいました。
それから何本か火をつけてみましたが、マッチはあっと言う間に燃え尽きてしまいます。

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/27(水) 23:20:03.871 ID:6qUhYwQl0
少女は足元に散らばったマッチの燃えかすを見つめながら、もっと長く暖まれる方法がないかとうんうん考えました。
何度うんうん唸ったことでしょうか。
ふと、少女は名案を思いつきました。
「そうだわ!今、私が身につけてる物を燃やせばきっとあったかいわ!」

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/27(水) 23:20:07.840 ID:FsZ93G6T0
感動した

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/27(水) 23:21:27.088 ID:6qUhYwQl0
少女は早速、自分の被っていた帽子を燃やしました。
「あったかい…」
帽子はマッチよりも遥かに長く燃えてくれました。
「あぁ…でも、もう燃え尽きちゃう…」
帽子はマッチよりは長く燃えてくれましたが、永遠に燃えてくれるわけではありませんでした。

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/27(水) 23:23:06.919 ID:6qUhYwQl0
少女は帽子が燃え尽きる前に、今度は手袋を燃やしました。
今にも消えそうだった火が新しい燃料を得て、また元気に燃え盛ります。
ほっと一息つくのもつかの間、すぐにまた火の勢いは弱まっていきます。
「仕方がないわ。靴下も燃やしましょう」
少女は履いていた靴下も脱いで、火に投げ入れました。