仕事が順調だったころ、ほぼ絶縁してた姉に無理やり連帯保証人にされ・・・【地獄の日々】

【PR】Akogare

独立してある程度成功して、年収が5000万までイケた。

年収以外にも会社の経費としていろいろ使っていたから実際はもっと裕福な感じだった。

と言っても趣味とかもそんなになかったし、高い家に住むのも無駄だと思っていたから、

経費で落としていたのは、友達との飲み代とか、漫画とか、旅行とかだけだった

車もタクシーが最強だと思うから買いもしなかった。

そんな生活が5年ぐらい続いて、貯金もびっくりするぐらいの額が溜まったし、

仕事も別に俺が居なくてもどうにかなりそうだったから、やる気ある子に譲って、

たまに会社に行くけど、金は一切もらわないで、一生ひっそり暮らす予定だった。

そんな恨まれるような悠々自適な生活をしていたら、姉から電話がかかってきた

「金が無い。」

どうやら話を聞くと、旦那がリストラにあって住宅ローンの返済が出来ない。

「お前が連帯保証人で、金持ってんだから払え」(実際にこの口調)と言われた。

姉とは昔から仲が悪く、姉の旦那も死ぬほど嫌いだった。

姉の結婚式にも行かなかったし、子供が生まれても一切会いには言っていなかった。

家族からのバッシングもひどく。

姉夫婦が家を買うときに誰も保証人になれるような人がおらず、

保証人になる代わりに、姉との連絡を取らないことを何も言わないでくれという条件で保証人になった。

もちろん俺が甘いのは言うまでもない。

俺にとっては金を払うことよりも、姉夫婦が今後普通の生活をすることのほうが嫌だった。


この家に住み続けるとか、そもそも普通の生活をするのが嫌だった。

会社の税理士、弁護士に相談した結果、家は売ってその差額分を払うという結論になり、

姉夫婦もその場では合意したが、いつまでたっても売る気配がなく。

何度連絡をしても

「まず先に全額返済したらいい、私達だって引っ越しとか大変だし、子供にもお金がかかる。」

「独身のお前には理解できないだろう」と謎な主張を続ける。

そして、無視をし続けていたら、銀行から連絡が来た。

もうこれは面倒だと思い、姉に連絡をするが一切出ない。

もう正直この世に居られないようにしてやろうかと本気で思い、過呼吸とかにもなったが、

我慢をして、姉の人生を壊してやろうと思い、姉の会社に電話をしてやった。

姉と話しても無駄だと思い社長に変わってもらいこれまでの経緯を全て説明すると

驚きの回答がかえってくる。

「君さ、お姉さんが困っているんだから出してあげればいいじゃない。お金を持っているのに、そうやってけちくさい事やっているといいこないよ?君のお姉さんは君が思っているのとは全然違う人だよ?」

本当に生まれて初めて(´・ω・`)こんな顔になった。

本当にこういう人がいるんだと、もう怒りとかではなく、普通に疑問に思ったことを投げかけてみた。

「じゃあおたくの社員が困っているので社長さんが助けてあげたら如何でしょうか?私は姉の事を金払ってまで助けようとは思いません。」

すぐさま社長が怒り始める。

「お前何様じゃ?そもそもお前がやってることは名誉毀損だし、営業妨害やぞ?これで訴えたってもええんやぞ?うちの業界(不動産)でどういう人間がおるのか知っとるやろ?」

何を言っているのか本当に理解できず、ぽかーんとしていたら

「覚えてろよぼけぇ」と言われて電話を切られる。

もうやだな。本当にめんどくさいな。

金払って終わりにしようかなと思って、いろんな人に相談をしていたら、

それで金を払ったらまた吸われるから、絶対に何か対策をしたほうがよいと。

けど特に対策がなく、いろいろ悩んでいたら、会社のがんばりやの子から電話がかかって来る

「1さん最近取り立て屋みたいなことやってるんですか?よその会社にかけたりしてるって話聞きましたけよ・・・・?」

あぁ・・・

どうやら、姉?旦那?がうちの会社の主要取引先に片っ端から電話をして

そういう悪評を連絡しているようだった。

実際会社に実害がガッツリ出ていた。